KONOYO.net

IAG ARTISTS SELECTION
池袋回遊派美術展2021
21/11/17[水]-21/11/22[月] @ 東京芸術劇場 5F GALLERY1

2017年からスタートし、今や国内屈指の公募展となった「IAG AWARDS」に加え、漫画とアートの融合を目指し、漫画家しりあがり寿氏を審査委員長に迎えて昨年実験的に開催した「アート4コマ公募展 漫喜利- MANGIRI-」。
街とアーティストをつなぐ「池袋アートギャザリング- IAG -」が運営する2つの公募展の入選者からセレクトした気鋭アーティストたちによるグループ展です。

現代美術作家
ゆにここ / Unicoco []

● 主な技法:羊毛や布等の参加型インスタレーションや立体作品を主に制作

主に羊毛フェルトや布、毛糸、和紙といった
多彩な質感の柔らかい素材を用いた身体の延長線上にあるような
身にまとえる立体作品や、
全身を使って鑑賞する身体感覚、特に触覚を刺激する参加型の
インスタレーションを多く発表しています。
プリミティブな呪術や祭りのコスチュームのようなもの、
得体の知れないいきものや身体の延長のようなものなどを
イメージした作品を、外側から眺めて鑑賞するだけでなく、
時には作品そのものを手にとり身にまとい内部に入り込むなど、
より内側から体感する展示を意識しています。

私にとって制作という行為は祈りにも似た救いや力を与えてくれるものです。
日々の行為の積み重ねにより、作品は次第にかさを増し集積していきます。
作品は私の分身のようでありながら同時に、
誰もが持っている、見えない「何か」を表したものでもあります。
一人一人のたましいのようなものが寄り集まって、
自他を分かつ境界が緩み、より大きなエネルギーを生み出す、
そんな可能性を表現しています。

ゆにここ

ゆにここ Profile

年 大分県生まれ

大分大学 大学院 教育学修士課程 修了

◆受賞歴
ポコラートvol.4ワークショップ部門 3331 Arts Chiyoda特別賞
NIIGATA Office Art Street2015 柾谷小路特別賞
IAG AWRDS 2018入選

◆展示歴
2022 池袋モンパルナス回遊美術館 東京芸術劇場エントランス展示
2022 杉並学園アートプロジェクト いとまの方法 カルチュラルライツ
2021 IAG ARTISTS SELECTION 池袋回遊派美術展 東京芸術劇場
2020 びじゅつのサマーキャンプ展 浜田市世界こども美術館
2019 IAG ARTISTS SELECTION 池袋回遊派美術展 東京芸術劇場
2018 ゆにここ展 LIFE OF ○○ 個展 GALLERY ART POINT
2018 東京夜間飛行 公演 演劇舞台美術担当 下北沢ハーフムーンホール
2018 体験型美術展 現代美術のかくれんぼ 浜田市世界こども美術館
2018 池袋アートギャザリング公募展 東京芸術劇場
2017 話して・触れて・つくって楽しむ美術館 ワークショップ 横須賀美術館
2017 ゆにここ展 home 個展 GALLERY ART POINT
2016 触覚とコミュニケーション ワークショップ 横須賀美術館
他多数出展

◆インフォメーション
高校教員、福祉職などを経て、2008年よりアート活動を開始。
主に羊毛フェルトや布、毛糸、和紙といった柔らかい素材を用いた
身体の延長線上にあるような立体作品や、
身体感覚、特に触覚を介した鑑賞者参加型のインスタレーションを多く発表。
美術館等でのワークショップ講師や子ども向け工作キットの考案なども行っている。