KONOYO.net

IAG ARTISTS SELECTION
池袋回遊派美術展2021
21/11/17[水]-21/11/22[月] @ 東京芸術劇場 5F GALLERY1

2017年からスタートし、今や国内屈指の公募展となった「IAG AWARDS」に加え、漫画とアートの融合を目指し、漫画家しりあがり寿氏を審査委員長に迎えて昨年実験的に開催した「アート4コマ公募展 漫喜利- MANGIRI-」。
街とアーティストをつなぐ「池袋アートギャザリング- IAG -」が運営する2つの公募展の入選者からセレクトした気鋭アーティストたちによるグループ展です。

美術教師/現代美術家
八谷 聡大 / HACHIYA AKIO []

● 主な技法:ペン画、水彩

昔々あるところに、「足るを知る」と説いた有名なお坊さんがいる。満足することを知っている人は、たとえ貧しくとも、心が豊かであることらしい。そして今でも、足るを知る人は珍しい。多く持っていることを美徳とする時代は終わり、手に入れれば入れるほど、知れば知るほど、むしろ何か物足りない気持ちにさせる哀しい時代だと思う。物や情報に溺れる現代において、惑わされずに何を信じればよいのだろうか。今の時代、どの世代に対しても等しく問われている大きなテーマだと思う。

八谷 聡大

八谷 聡大 Profile

1992年 青森県生まれ

東京造形大学大学院 造形研究科 造形専攻 美術研究領域 修了

◆受賞歴
2013 北海道学生美術全道展 優秀賞
2015 大野城まどかぴあアートビエンナーレ2015 平面部門 入選
2017 (財)神山財団芸術支援プログラム・奨学生(第4期生)
2020 IAG AWARDS 2020 入選

◆展示歴
2014 双子展 室蘭美術館 他
2016 北海道教育大学 岩見沢校 卒業制作展
2018 東京造形大学 大学院 ZOKEI展 修了制作展
2018 (財)神山財団芸術支援プログラム 第4回卒業成果展
2020 「IAG AWARDS2020」 東京芸術劇場5F Gallery1
2021 「Dimension 2021」 GALLERY ART POINT

◆インフォメーション
今でも心に残っている言葉は
「言葉にできない事は考えていない事と変わらないという事」