KONOYO.net

池袋アートギャザリング公募展
IAG AWARDS 2021 EXHIBITION
21/07/14[水]-21/07/19[月] @ 東京芸術劇場 5F Gallery1

Ceramic Artist
片切かすみ / Kasumi Katagiri []

● 主な技法:磁器粘土を電動ろくろで形成、独自の釉薬で装飾

作品コンセプト   陶芸作品を「置く」展示ではなく絵画のように壁に「掛ける」展示で作品を正面からご覧いただくこと。その為に板に黒い生地を施し江戸打ち紐で作品と板を縫い合わせたり、板との脱着可能な作品を制作。これにより目の高さで正面よりご覧いただける半立体アートを制作しました。

片切かすみ

片切かすみ Profile

1960年 千葉県生まれ

日本外国語専門学校 貿易実務専攻 卒業

◆受賞歴
第75回現展新人賞受賞 2019年

◆展示歴
1992年香港美術館分館茶器文物館主宰"Tea ware competition" 入選。1993年二人展 The Pottery Work Shop 香港。1995年国際美術展 東京都美術館。2000年個展 Galleria81 バンコク。2001年個展Noriko Gallery バンコク 。シラパコン大学主宰"Art form Clay"展覧会参加 Central Department バンコク 。 2002年個展Noriko Gallery バンコク 。二人展 International School Bangkok。2003年個展 Noriko Gallery バンコク 、作品展示 伊勢丹バンコク。 2004年タイ国陶芸展 招待参加 シラパコン大学。2006年個展 J-Gallery バンコク 。2007年作品展示 泰国留台会館。2010年個展 Gossip Gallery バンコク 。2011年 作品展示 Bangkok Art and Culture Centre。2013年個展 Bangkok Art and Culture Centre。2018年第74回現展入選 国立新美術館。「夏の涼味展」参加 日本橋三越。第48回全陶展入選 東京都美術館。個展 Artspace Eumeria 日本橋。2019年第75回現展入選 国立新美術館。二人展 美の起源 銀座。2020年Independent Tokyo 2020, 2021年NAU21世紀美術連立展 国立新美術館、個展 銀座画廊 美の起源 他多数。

◆インフォメーション
「念がなくて良いね、ずっと見ていられる」、 「幸せな気分」、「優しさにつつまれる」、個展にて多数のお客様から言われるコメントです。元々作品の特徴は淡く優しいパステルカラーの色釉薬です。制作に合わせてコツコツ開発してきたこれらの釉薬を使い装飾デザインしてきました。その作品が得た評価がこの「念がなくて良い」、「幸せな気分」、「優しさにつつまれる」というのはまさしく自身に課しているテーマ「優しさの生命力」を表現した癒しや優しさが見る方に伝わっているのではないかと思っています。「威圧感や重圧感」とは対局の「心地よさ」という掴み所のない感覚を表現している作品が得たコメントが「念がない良さ」という言葉であり、これこそが作品の特徴なのだと思います。