KONOYO.net

< IAG ARTISTS SELECTION >
池袋回遊派美術展2022
22/05/14[土]-22/05/18[水] @ 東京芸術劇場 5F GALLERY1

Ceramic Artist
片切かすみ / Kasumi Katagiri []

● 主な技法:磁器粘土使用 電動ろくろと手捻りで形成、独自の釉薬で装飾

コンセプト 
制作したのはポップアートイメージの作品。ポップアートといえば再現可能の世界ですが、釉薬特有の不思議な色合いは再現不可能。その釉薬で描いた瞳は人間や自然と同じ唯一のもの。その「唯一」と「ポップアート」という相反するものをコラボさせることで瞳から不思議感を醸し出しました。またこの作品に合わせて「花園」シリーズを展示します。「瞳に映る花園」の「花園」です。

片切かすみ

片切かすみ Profile

1960年 千葉県生まれ

日本外国語専門学校 貿易実務専攻 卒業

◆受賞歴
第75回現展新人賞受賞 2019年

◆展示歴
1992年香港美術館分館茶器文物館主宰"Tea ware competition" 入選。1993年二人展 The Pottery Work Shop 香港。1995年国際美術展 東京都美術館。2000年個展 Galleria81 バンコク。2001年個展Noriko Gallery バンコク 。シラパコン大学主宰"Art form Clay"展覧会参加 Central Department バンコク 。 2002年個展Noriko Gallery バンコク 。二人展 International School Bangkok。2003年個展 Noriko Gallery バンコク 、作品展示 伊勢丹バンコク。 2004年タイ国陶芸展 招待参加 シラパコン大学。2006年個展 J-Gallery バンコク 。2007年作品展示 泰国留台会館。2010年個展 Gossip Gallery バンコク 。2011年 作品展示 Bangkok Art and Culture Centre。2013年個展 Bangkok Art and Culture Centre。2018年第74回現展入選 国立新美術館。「夏の涼味展」参加 日本橋三越。第48回全陶展入選 東京都美術館。個展 Artspace Eumeria 日本橋。2019年第75回現展入選 国立新美術館。二人展 美の起源 銀座。2020年Independent Tokyo 2020, 2021年NAU21世紀美術連立展 国立新美術館、個展 銀座画廊 美の起源、IAG AWARS2021入選、第77回現展 新国立美術館、千葉現展参加、美の起源展2021 入選。2022年 NAU21世紀美術連立展 国立新美術館。

◆インフォメーション
自身の特徴は淡く優しいパステルカラーの独自釉薬とテーマ「優しさの生命力」が産み出す「威圧感や重圧感」とは対局の「優しさや楽しさ」を表現してるCeramic artです。
時代や自身の変化と共に表現の技法や工夫に変化を加えながらこれまで育ってきました。陶芸という概念を取り除き江戸内紐を用いてMixed media作品を制作していた前回から更に新たなフェーズに入り、今回は現代アート・ポップアートという新たな表現へと大きな変化を遂げています。