KONOYO.net

池袋アートギャザリング公募展
IAG AWARDS 2020 EXHIBITION
20/07/17[金]-20/07/19[日] @ 東京芸術劇場 5F Gallery1

池袋から世界へ、新しい才能の発掘に参加しよう!
「IAG AWARDS」は池袋の街や人とアーテイストをつなぐ「池袋アートギャザリング(IAG)」が企画運営する公募展です。
全国からの応募者439名の中から現役美術作家を中心とするIAG審査員がジャンルや年齢を問わず選抜した51 名の精鋭アーテイストたちが集結!
会期中のさらなる審査により、IAG審査員たちが選ぶ「IAG各賞」ほか、「豊島区長賞」や池袋エリアのギャラリーなどによる「IAG PARTNERS各賞」、来場者投票の結果による「オーディエンス賞」も決定します!!

松尾茉実 / Mami Matsuo []

● 主な技法:編み、オリジナルテクニック

喪失が残していく空洞には形がない。何者にも埋めることはできないものだ。失くしたものを思い出そうと空洞を包むように探ると、見えなかった穴の輪郭が浮かび上がる。しかし全貌は決して見ることができない。この感触を追いかけて輪郭を浮き彫りにできないかと考えた。
身体と素材が密接に関わるアームニッティング技法を使い、感触をひと目ずつ編んでいく。自分と空洞の境をなぞるように編み起こし、不確かだった空洞と対峙する。埋まらぬ穴が私の中にあることは絶望ではない。次へと進むための微かな希望だ。


繭、女性器などを想起させる、生き物を包み覆う形状をイメージ。
重みと浮遊感、柔らかい体温と畏怖の両立を意識した。


これまで女性性、消費される側の性であることなどをテーマとし制作してきた。
今回は喪失が大きなテーマだが、背景として女性特有の苦しみ、空虚感、不安感を意識している。
ストッキングは女性の生きづらさを象徴するもののひとつだと思う。
本作品では、それを歪め変質させることで抑圧へのアンチテーゼを表現した。

松尾茉実

松尾茉実 Profile

1997年 埼玉県生まれ

多摩美術大学 生産デザイン学科 テキスタイルデザイン専攻 4年

◆受賞歴

◆展示歴

◆インフォメーション
現在多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻所属。女性性を主軸にストッキングを用いた制作をしている。