KONOYO.net

KENZAN202222/08/10[水]-22/08/14[日] @ 東京芸術劇場

作家
張行 / Zhang Hang [5F Gallery1]

● 主な技法:ミクスメイデア(アクリル、水彩、水性インク、特性画材、金箔、)

作品の紹介:
このシリーズは「浸食」を創作の核としており、各作品を三つのレイヤーで構成されています。
底のレイヤー:特性水性顔料を使ってベースを作っており、顔料中の粒子は下層に堆積しています。水と彩りの流動性で下層の材料に浸食の痕跡を与えいます。侵食後残留した不毛な肌感、むき出しの表面、凹凸面の痕跡等を作り出し、侵食された自我を表現しています。
中のレイヤー:水性顔料が水中で持つ張力と伸張性の特性を利用して、画面上にデフォルメ、抽象的なモチーフにしています。豊富な彩りで異なるビジュアル効果をもたらし、消えづらい欲望・情緒・無用な情報を表現しています。
上のレイヤー:最後には樹脂により作品を閉じこめてあり、鑑賞者が作品を見る際、同時にこの作品を通して自己の投影、より詳細な観察、理解、自我の共鳴を探し出すことができるよう表現しています。

張行

張行 Profile

1989年 China生まれ

多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程デザイン専攻 卒業

◆受賞歴
日本ブックデザイン賞 2015 入選作品

◆展示歴
第21回企画展 秋山孝ポスター美術館長岡(APM)メッセージイラストレーションポスター展 7
第24回企画展 秋山孝ポスター美術館長岡(APM)メッセージイラストレーションポスター展 8
多摩美術大学大学院イラストレーションスタディーズ修了制作展2017Gallery 5610
KENZAN2020WEB大美術展
KENZAN2021東京芸術劇場展

◆インフォメーション
張行(チョウ コウ)と申します。2012年は中国から日本にまりました。2017年は多摩美術大学大学院の美術研究科に修了しました。2015年から芸術教育に向けて活動を携わりながら、絵画家として活動しています。