KONOYO.net

IAG ARTISTS SELECTION
池袋回遊派美術展2021
21/11/17[水]-21/11/22[月] @ 東京芸術劇場 5F GALLERY1

2017年からスタートし、今や国内屈指の公募展となった「IAG AWARDS」に加え、漫画とアートの融合を目指し、漫画家しりあがり寿氏を審査委員長に迎えて昨年実験的に開催した「アート4コマ公募展 漫喜利- MANGIRI-」。
街とアーティストをつなぐ「池袋アートギャザリング- IAG -」が運営する2つの公募展の入選者からセレクトした気鋭アーティストたちによるグループ展です。

文蔵 / bunzo []

● 主な技法:写真。撮影作品に対するマーカーによる点描加工。

日常無意識に撮影した写真を点描という時間と手間がかかる手法を使って加工することにより、第三者から見た場合特に意味の無いと思われるものを作品として制作しています。
作家の個性が現れる絵筆を使う技法ではなく、シャッターを押すだけで外界がキャプチャーできる写真という技法が、意味の無いものを作るという自分のテーマに適合しており写真の技法を使って制作をしています。
なぜ意味のないものを作りたいのか。
それは、有用性があることを常に求められる世界に対するアンチテーゼであり、それが自分が作品を作る意味となっています。

文蔵

文蔵 Profile

1972年 東京都生まれ

拓殖大学工学部機械システム工学科 卒業

◆受賞歴
TAGBOART SUMMER AWARD 2009 入選
アジア創造美術展2015 優秀賞
IAG AWARDS 2020 EXHIBITION Gallery KAMON Irie賞

◆展示歴
2008年 「Design Festa vol.28」(東京ビッグサイト)
2009年 「タグボート サマーアワード2009」(The Artcomplex Center)
2010年 「Vivid!展」(The Artcomplex Center of Tokyo)
2013年 「stella nova」(The Artcomplex Center of Tokyo)
2014年 「個展:記号としての何か」(The Artcomplex Center of Tokyo)
2020年 「KENZAN2020」
2020年 「IAG AWARDS 2020 EXHIBITION」東京芸術劇場

◆インフォメーション
自ら撮影した写真を元に点描の加工をして作品を制作しています。

mail : bunzo1972@gmail.com