- KONOYO -

池袋アートギャザリング公募展
IAG AWARDS 2020 EXHIBITION

Wire Sculptor
蔦本 大樹 / Daiki Tsutamoto

● 主な技法:ワイヤースカルプト(金属線を用いた立体作品)

INVISIBLE MOON series

私の作品は一貫して生物をモチーフに、針金、ワイヤーと呼ばれる「線材」を用いて制作している。
生物の生きた姿を見た時に感じる強烈な生命力の根源は何なのか、この感覚を作品として昇華させるにはその生物が進化し、生きてきた時間を示す必要があると考えた。
線材を編み重ねることで徐々に増す密度と重みは、体が成長する度に増える細胞や時が経つことで積み重なる年輪のようであり、生命を形成する過程を示している。
モチーフとして選んだ「クラゲ」は線なのか塊なのか、ふわふわと曖昧な存在である。透けた体とゆらゆらと漂う姿には軽やかな印象を与えるが、その複雑な形状や動きには重厚な生命力を感じざるを得ない。暗い海に浮かび、光を放つ生命の塊はまさに「海月」と言う名に相応しい。私の感じる命の形を線によって再構成し、圧倒的存在感を示す。

蔦本 大樹

蔦本 大樹 Profile

1995年 兵庫県生まれ

神戸芸術工科大学大学院 芸術工学研究科 総合アート&デザイン専攻 修士課程 修了

◆受賞歴
2015年 第2回全国妖怪造形コンテスト 入賞
2017年 第4回全国妖怪造形コンテスト 佳作
2018年 神戸芸術工科大学卒展カオス2018 学科賞
2019年 新世代造形大賞 池上賞
2020年 神戸芸術工科大学卒展カオス2020 学長賞
2020 IAG AWARDS 2020 池袋アートギャザリング 奨励賞 八犬堂ギャラリー賞

◆展示歴
2017年 十点展 Gallery8 (兵庫)
2020年 おもにサメ展2 カフェギャラリーきのね (大阪)
2020 IAG AWARDS 2020 池袋アートギャザリング 東京芸術劇場 Gallery 1 (東京)

◆インフォメーション
私は一貫して銅線、真鍮線などの「ワイヤー」を用いて「生命力」をテーマに制作しています。
幼少期から川や海が身近にあったことから生き物への憧れが強く、表現するモチーフとして選んでいます。制作過程において線を積み重ね徐々に増す「密度」と「重み」は、時間をかけ進化してきた生命を形成するプロセスを示します。
水族館巡りが趣味で水槽に張り付いて生き物たちの様々な表情を観察するのが好きです。