KONOYO.net

KENZAN202121/09/22[水]-21/09/26[日] @ 東京芸術劇場

RINTARO
水口麟太郎 / RINTARO [Gallery2]

● 主な技法:ニューメディア書道、グルーガンアート、漆芸

現在制作している、檻(Cage)で包む(Pack)を意味する、PacCageシリーズは、私がフランスでアーティストとしての活動を始めた時より続けているグルーガンアートの最新版です。
質、温度、ストローク表現を突き詰めることで、接着剤としてのホットグルーを超えて、グルーそのものの形が主役となる作品を制作しています。
作品は表面を黒漆でコーティングしてあります。これは柔らかすぎて自立出来ず、傷もつきやすいものの、高い粘度による表面張力が生み出すエナメルのような美しいテクスチャーを完璧に保存し、ジュエリーのように複雑な光の反射を作り出す仕掛けでもあります。裏側の純金箔はグルーによって熱転写されていて、漆の鋭い反射光とは対照的に柔らかく光ります。ただの接着剤が生み出す様々な表情のテクスチャーを、アート作品の長期保存、価値の付加の観点から考察、漆と純金箔のコーティングによる黄金の茶室のような分かりやすいほどの価値の引き上げが、アートの本質を鑑賞者に問う作品を目指しています。
形状による価値の本質を考えたときに、モチーフとしたのは安価で量産されるプロダクトでした。プロダクトの形状はコストパフォーマンスや量産性を重視した成果物であり、それらのデザイン性から鑑賞した際には、非常に完成されたフォルムであることがわかります。そして、その高い完成度とは裏腹に、消費者に安っぽさという観点を持たれることになります。安さを追求したデザインなのでそれは間違ってはいません。では、鑑賞するポイントによってこれほど価値を変化させる量産的プロダクトの形状のどこがすごいのかというと、その形状が人々にとってのアイコンとなっているという点です。例えば、アルコール消毒用のスプレーについて考えると、激安スーパーの店頭と、高級フレンチレストランの店頭には同じ形のものが設置されています。これは現代においてアルコール消毒スプレーの形状が目印的なアイコンとして浸透した結果で、安易に形を変えることのできないものとして、量産的プロダクトとしての形状を超越した価値を与えられた結果だと思っています。
グルーガンによる安価だが複雑なテクスチャーは、モチーフの価値を見通し辛くし、それを漆と純金箔のコーティングが安易な価値の引き上げを行うことで、本質的な価値から遠ざけていますが、モチーフ以外の、例えば俯き佇む人物のように見えてくるなどのエンターテインメント性も一つの価値のあり方だと思います。

水口麟太郎

水口麟太郎 Profile

1994年 東京都生まれ

東京造形大学造形学科インダストリアルデザイン先行領域 Ecole-Boulle Paris国立工芸学校 Desiner Produit科 卒業

◆受賞歴
入賞「第57 回学展」
​ARTEC賞「ARTEC EXPOSITION」
​ファイナリスト賞「CFA Fine Artist of the Year 2018 Award」
​ファイナリスト賞「CFA Fine Artist of the Year 2019 Award」
ファイナリスト賞「Art San Diego Award」
​最優秀賞「第3回アート&デザイン新世代賞」
ファイナリスト賞「CFA Artist of the Year 2019 Award」
入選「IAG AWARD 2020」
入選「いい芽ふくら芽 in Tokyo 2021」

◆展示歴
2016
YAMATO EXPOSITION|エスパスノブヨシ_フランス、トゥール
KOKORO JAPAN EXPOSIZIONE|ミケランジェロ美術館_イタリア、フィレンツェ
ARTEC EXPOSITION|マトラ美術館(フランス、ロモンタン)

2017
Cuisine for the Cure|在日イタリア大使館
KOKORO JAPON EXPOSITION|マドレーヌ寺院_フランス、パリ

2018
Art shopping 2018 May|ルーヴル美術館地下展示場_フランス、パリ
個展 RINTARO MIZUGUCHI EXPOSITION -Colonie de Lumiere-|ギャラリーMonod_フランス、パリ
​Meditation - Lumiere|マドレーヌ寺院(フランス、パリ)

2019
個展 水口麟太郎展 -インフルエンサーきのこ-|銀座ギャラリーGK
個展 水口麟太郎展 -インフルエンサーきのこ-|DiEGO表参道
L’exposition CALLIGRAPHIE|ギャラリーモナリザ_フランス、パリ

2020
第3回アート&デザイン新世代賞作品展|ホテル&レジデンス六本木
KENZAN 2020|八犬堂ギャラリー主催
IAG AWARD 2020|東京芸術劇場

2021
美術の祭典東京展推薦作家展覧会 東京の宇宙展|銀座ギャラリーGK
いい芽ふくら芽 in Tokyo 2021|上野松坂屋百貨店

◆インフォメーション
1994年東京生まれ。
グルーガンや三次元空間など様々な媒体を組み合わせて「影と輪郭」をテーマとした実験的手法による作品を制作している。
東京造形大学でインダストリアルデザイン科を卒業した後単身パリへ渡り、Ecole-Boulle国立工芸学校にてデザインを学ぶ。在学中にアーティストとして活動を始め、現在はフランスと日本を拠点に広く活動し、人とアートの輪郭を解き、新たな関係性をデザインする作品を発表。
2018年、フランスのアート誌Spotlight -Contemporary art magazine-にて「国際的称賛を受ける56 人のアーティスト」に選出、パリで開催された自身初の個展「RINTARO MIZUGUCHI EXPOSITION-Colonie de Lumiere-」は日仏友好160周年事業ジャポニスム2018の認定企画に選出。
芸術家としての作品制作の他、グラフィックデザイン、ブランディングデザイン、アートディレクター、書道家、写真家など、幅広く活動を心掛けている。