KONOYO.net

いい芽ふくら芽inTokyo21/03/31[水]-21/04/05[月] @

彫刻家
永林 香穂 / Nagabayashi Kaho

● 主な技法:塑造(乾漆、テラコッタ、FRP)

永林 香穂

永林 香穂 Profile

1990年 東京都生まれ

2016年 東京藝術大学大学院 美術研究科 芸術学科 美術教育専攻 修士課程 修了

◆受賞歴
2011年 多摩美術大学芸術祭2011グループ展「がらぱごす」特別審査員賞
2016年 90回記念国展 国画賞

◆展示歴
2016年 第64回 東京藝術大学 卒業・修了作品展/東京藝術大学 大学美術館
2016年 第90回記念国展/国立新美術館・90回記念国展受賞作家展/東京都美術館
2016年 第90回記念国展 名古屋展/大阪展/福岡展
2016年 第21回日本顔学会大会 フォーラム顔学2016/東京藝術大学
2017年 第91回国展/国立新美術館・91回国展秋季展/東京都美術館
2018年 第92回国展/国立新美術館
2018年 ART EDUCATION EXHIBITION/The Artcomplex Center of Tokyo
2019年 第93回国展/国立新美術館
2019年 ART EDUCATION EXHIBITION 2/The Artcomplex Center of Tokyo
2020年 トロールの森/都立善福寺公園・葉月ホールハウス

◆インフォメーション
1990 年 東京都 青梅市生まれ、東大和市 在住

多摩美術大学 彫刻学科卒業後に東京藝術大学大学院にて、彫刻制作を通じて作家になるための美術教育を学ぶ。
人に伝わりやすく面白い彫刻表現を目指し、人体を基にした作品を制作している。
これまでの展示は、美術館での公募展からギャラリーのコンペなどで作品を発表し
フォーマルな彫刻からカジュアルな彫刻まで、自分の表現で展示場所にコミットする形を模索していた。
制作は主に塑造技法で原型から型取りを行い、プラスチック・乾漆・陶器などの素材に置換えをして形にしている。