KONOYO.net

日本画
江越 里南 / egoshi rina

● 主な技法:日本画

江越 里南

江越 里南 Profile

1999年 神奈川県生まれ

多摩美術大学絵画学科日本画専攻 2年

◆受賞歴
第54回かわさき市美術展 入選
第39回上野の森美術館大賞展 入選
第28回飛騨高山臥龍桜日本画大賞展 入選

◆展示歴
2019年8月「未来の収穫祭」香川県丸亀市主催
2020年8月「小作品展」五美大交流主催
2020年9月「moonlight serenade」銀座モダンアート主催
2020年10月「五美大交流展」3331Arts Chiyoda
2020年11月ソフトバンク株式会社汐留ビルディングス11階展示
2020年12月「WORKS!vol.1」gallery美の舎主催
2021年1月「small paintings」吉祥寺galleryイロ主催
2021年2月「サムホール展」 銀座中央ギャラリー主催
一部抜粋

◆インフォメーション
神奈川県出身
現在多摩美術大学日本画学部3年
普段の制作から水面による屈折を利用して認識のズレや空間のズレを表現しています。生活をする中で生まれる他者(人間とは限らない)との関わりの中で必ず同じものはなく、その中で対象物を見るときの視点の違い(考えの違い)や色彩認識の違い(色弱・弱視などのも含む)など自分と他者との認識の違いについて“屈折・残像”という物質の境界面などによって生まれる自然の現象に類似している部分があるのではないかと考え、そうした画面構成要素に加え動物の形のカッコよさシルエットを活かした画面を創り認識が違うズレで生まれる面白さについて考えています。