KONOYO.net

池袋アートギャザリング公募展
IAG AWARDS 2021 EXHIBITION
21/07/14[水]-21/07/19[月] @ 東京芸術劇場 5F Gallery1

なかがわ まちこ / MACHIKO NAKAGAWA []

● 主な技法:リサイクルウール、リサイクルプラスチックによる造形、描画

ごみ とはり で 新しいものを つくる。
ごみ(廃棄物、本来の役割を終えたもの、不要物。)
はり(針。小さな物や細い物の例えに用いられる。手芸や手工業、女性の家内仕事も連想させる。)
この2つの、現実社会においては一見弱く力のない存在にも見えるもの、
古いものや価値がないと思われているもの、を制作の主な素材とし、
新たな作品、新たな世界を生み出す。
既存の価値観に疑問を投げかけ、環境問題への警鐘を鳴らす。

今回の作品は、実在する土器をモチーフとし、「毛=ウールの古着からとった羊毛」を、廃棄された梱包用の発泡ポリエチレン素材で作った「器」 に針で刺し、「土器」ならぬ、「毛器(けき)」を制作した。

縄文文化は、約1万5,000年前から世界に先駆けて土器を製作使用していた。
質素な生活の中でも 豊かな文化を持っていた縄文時代は、地球環境が危機的な状況にあり、
混沌とした現在を生きていく上で立ち返るべき、生き方のヒントや素晴らしい感性があると感じている。
実在する土器の紋様とともに、オリジナルの「絶滅した動植物」「様々な生き物・人々」なども紋様として描き、古くからある「土器」に着想を得て/新しい「毛器」を作り、使い古された「素材」を基にして/新たな「作品」を生み出す。

なかがわ まちこ

なかがわ まちこ Profile

年 東京都生まれ

武蔵野美術大学 造形学科 油絵学部 卒業

◆受賞歴
2015年 古湯温泉 ONCRI 第 4 回「床の間アートコンぺ」『優秀賞』受賞 
2012年 第7回 西会津国際芸術村 公募展2012『西会津寺前自然塾賞』受賞 
2012年 NIIGATAオフィス・アート・ストリート『最優秀賞』受賞
2012年 コニカミノルタ エコ&アートアワード2012 入選・『オーディエンス賞』受賞
2011年 第7回 西会津国際芸術村 公募展2011 『緑のかけ橋賞』受賞

◆展示歴
2018.10 ディアカーズ社より 名入れ絵本「ふわんぽんのたんじょうび」発売
2015.11 東京ディズニーリゾート イクスピアリ 展示
2015.7 古湯温泉 ONCRI 第 4 回「床の間アートコンぺ」入選展示 古湯温泉 ONCRI/佐賀
2013.9~10 2013NIIGATAオフィス・アート・ストリート ワークショップ・招待展示 COSMIXビル/新潟
2012.10 第7回 西会津国際芸術村 公募展2012 西会津国際芸術村/福島・ 巡回展 ギャラリーspace S/世田谷
2012.9 2012NIIGATAオフィス・アート・ストリート 入選展示 三菱東京UFJ銀行 新潟支店/新潟
2012NIIGATAオフィス・アート・ストリート最優秀賞展示 新潟市役所/新潟 
2012.3 「コニカミノルタ エコ&アートアワード2012」 入選展展示
2011.10 第6回 西会津国際芸術村 公募展2011 西会津国際芸術村/福島・巡回展 ギャラリーspace S/世田谷
~ 2011   国内外において、個展・グループ展・アーティスト イン レジデンス 等

◆インフォメーション
ごみ とはり で 新しいものを つくる。
ごみ(廃棄物、本来の役割を終えたもの、不要物。)
はり(針。小さな物や細い物の例えにも用いられる。
手芸や手工業やハンドメイド、また女性の家内仕事も連想させる。)
この2つの、現実社会においては一見弱く力のない存在にも見えるもの、
古いものや価値がないと思われているもの、を制作の主な素材とし、
新たな作品、新たな世界を生み出す。
既存の価値観に疑問を投げかけ、環境問題への警鐘を鳴らす。

2011年、着られなくなったた「古着のウール」を、フェルト用のニードル(針)で刺した
平面作品の制作を開始。
ゴミとして出された「発泡ポリエチレン」も素材として加え制作している。

古着のウールを針で刺し、絵具のように使って描く「平面絵画」や、
廃棄物のポリエチレンにリサイクルウールを針で植毛して作る「立体作品」、
リサイクルウールのキャラクターにより展開していく「絵本」など、
展示する場所やプロジェクトにあわせた表現方法を使い、
作品の展示、書籍の発売、ワークショップなど様々なかたちで活動している。