KONOYO.net

池袋アートギャザリング公募展
IAG AWARDS 2021 EXHIBITION
21/07/14[水]-21/07/19[月] @ 東京芸術劇場 5F Gallery1

現代芸術家
千葉尋 / Hiro CHIBA []

● 主な技法:クロログラフ

葉に写真を焼いた標本、クロログラフ(造語)は、葉に写真が焼けたら面白いだろうと、遊びの実験から生まれたものです。古いように見えますが、当時は未開発の技法で、自分で試行錯誤して作り上げる必要がありました。

2012年、初めて実験が成功したとき、想像していたものよりずっと、美しいものだという感想を抱きました。数年たってから、その美的感情は「懐かしさ」だったと気が付きます。

2020年、コロナ禍の中、なぜ懐かしいのか、作品と懐古感情について考えながら実験と制作を続けていました。そしてある日、遺影や遺景のようだからではないかと思うようになりました。
外出自粛で家の整理をして、祖母の若いころの写真を見つけたことが遠因だったと思います。

生き物を写した写真は、遅かれ早かれ遺影となります。けれどクロログラフは、今 存在するものですら、ひどく古い、すでに失われているもののように映し出します。
いわば、喪失を疑似体験する装置のようなものだという気がしています。

今回は、「2089年の遺影」というテーマを設けて展示しました。
ご高覧いただき、可能であれば、なにか感情が生じたか、どんな感情か、いつかどこかでお聞かせいただければ幸甚です。

千葉尋

千葉尋 Profile

1989年 千葉生まれ

2014年 東京造形大学大学院 造形研究科 修了

◆受賞歴
2019年 「Future Vision 2019」 入選 / Tower Mall / ドーハ、カタール

2020年 金賞「第2回TKO国際ミニプリント展 2020」 / 東京芸術劇場 / 東京、日本

2020年 求龍堂賞「第9回 FEI PRINT AWARD」 / FEI ART MUSEUM YOKOHAMA / 東京、日本

2021年 奨励賞、シアターアートショップ賞 IAG Awards

2021年 審査員特別賞 小林貴賞 tagboat INDEPENDENT

◆展示歴
2016年 「Art comes alive at Tiapapata」/Tiapapata Art Center /アピア、サモア

2018年 「Artmore Award Exhibition」 佳作 /弘重ギャラリー / 恵比寿

2019年 「NAU21世紀美術連立展 2019」/ 国立新美術館 / 六本木

2019年 「The memory of the Chloroplast」/ Gallery Byul / 釜山、韓国

2019年 「SAISON PHOTO 2019」/ エパウ王立修道院 / サルテ、フランス

2019年 「GWANGJU INTERNATIONAL ART FAIR 2019」/ KDJコンベンションセンター / 光州、韓国

2021年 「千葉尋 個展 / 倖せのあとさき」/ B-gallery / 池袋

2021年 「The 16th tagboat award」/ 渋谷ヒカリエ Cube1,2,3 / 渋谷

2021年 「IAG AWARDS 2021」/ 東京芸術劇場 / 池袋

2021年 「INDEPENDENT」/ 東京ポートシティ竹芝 / 浜松町

2021年 「SICF22」/ SPIRAL / 表参道

◆インフォメーション
千葉県我孫子市出身。

クロログラフという、葉に写真を焼き付ける技法を使用します。
感光材やインクは使わず、葉緑体の色素を脱色して写真を焼き、特殊な保存過程を経て、標本として樹脂に封入しています。
大学院修了後、二年間の海外ボランティア活動を経て、2016年より作家としての活動を開始。

はじめて実験が成功した時、強烈な美的快感を抱き、のちにそれが懐旧の念だったと思い当たります。
以降、懐古感情の探求をコンセプトとして、作品をいくつかのテーマに分類して制作を続けています。