KONOYO.net

池袋アートギャザリング公募展
IAG AWARDS 2023 EXHIBITION
23/05/14[日]-23/05/24[水] @ 東京芸術劇場 5F Gallery1&2

「IAG AWARDS」は池袋の街とアーティストをつなぐ「池袋アートギャザリング(IAG)」が企画運営する公募展です。
2022年からは、アートの新たな地平を目指し、展示する漫画=「漫喜利」部門を新設!
全国からの応募者約550名の中から、現役アーティストを中心とするIAG審査員たちによって
ジャンルや年齢を問わず選抜された50名前後の精鋭アーティストたちが、東京芸術劇場に集結いたします!

柴トラ夏子 / Natsuko Shibatora 

● 主な技法:日本画画材、ミクストメディア

<作品について>
池袋の大きな交差点、そこに差す光と影がとても美しく思いました。その光が見る人の気持ちによって、夕日にも朝日にも見える光になっていたら良いなと思います。

<柴犬とトラネコシリーズについて>
人々が暮らし、車が走るいつも通りの駅前の風景に、心を動かされる時があります。
にぎやかな駅前で人々の間を歩き回る柴犬と猫がいます。

私はここ数年、家族である柴犬と猫を主人公に創作を続けています。きっかけは猫が亡くなった次の日、猫の肖像画を描いたことです。それ以来、自分の好きなこと、心動く事を大事にしたいと思うようになりました。その一つが、駅前の風景です。私は池袋の街を描きはじめました。駅前のいつもと変わらない雑踏と風景に心が安らいだり、切なくなったり、ワクワクしたりします。街の絵には柴犬と猫が登場します。彼らと一緒に街を旅するように描いた絵です。

柴トラ夏子

柴トラ夏子 Profile

日本生まれ

2021年 武蔵野美術大学大学院 日本画コース 修了

◆受賞歴
【2019年】
第15回世界絵画大賞展2019入選
【2020年】
明日をひらく絵画 第38回 上野の森美術館大賞展入選
第5回 星乃珈琲絵画コンテスト 優秀賞受賞
【2021年】
明日をひらく絵画 第39回 上野の森美術館大賞展入選
IAG AWARDS 2021 豊島区長賞、八犬堂賞受賞
【2022年】
アートオリンピア2022 入選

◆展示歴
【2018年】
個展「柴犬とトラネコ」<芸術祭・こども向け展示MAP企画>(武蔵野美術大学/東京)
【2019年】
第15回世界絵画大賞展2019入選 (東京都美術館)
個展「柴犬とトラネコ2」<芸術祭・こども向け展示MAP企画> (武蔵野美術大学/東京)
【2020年】
個展「好きになる」(Picaresque Gallery/東京)
明日をひらく絵画 第38回 上野の森美術館大賞展 (上野の森美術館/東京)
個展「風呂爛漫」(REIJINSHA GALLERY/東京)
【2021年】
第5回 星乃珈琲絵画コンテスト 優秀賞受賞 巡回展示中
明日をひらく絵画 第39回 上野の森美術館大賞展
IAG AWARDS 2021 豊島区長賞、八犬堂賞受賞
【2022年】
東京建物/三菱地所レジデンス/東急不動産『Brillia Tower 池袋 West』インタビュー掲載、VTR出演
アートオリンピア2022展覧会(熱海 起雲閣)
【2023年】
個展「柴犬とトラネコ Remember Me」(杏林大学病院アートギャラリー/東京)
個展「柴犬とトラネコ はじまりの街」(熊谷守一美術館/東京)

◆インフォメーション
武蔵野美術大学大学院卒
日本画画材を使用して、池袋駅をはじめとする駅前の風景を描く。そのほか動物や子どもをモチーフに作家活動をしている。

私はここ数年、家族である柴犬と猫を主人公に創作を続けています。きっかけは猫が亡くなった次の日、猫の肖像画を描いたことです。それ以来、自分の好きなこと、心動く事を大事にしたいと思うようになりました。愛犬と愛猫に歩き回ってほしい風景、その一つが駅前の風景です。

人々が暮らし、車が行き交ういつもの風景に心が安らいだり、切なくなったり、ワクワクしたりします。街の絵には動物たちがいます。彼らと一緒に街を歩き回る気持ちで制作しています