KONOYO.net

いい芽ふくら芽 in Tokyo22/01/26[水]-22/02/01[火] @ KONOYO.NET

画家
淵上直斗 / Naoto Fuchigami []

● 主な技法:アクリル絵具

主にポーリングアートを基とした抽象画を制作しており、独自の手法「歪み(HIZUMI)」を開発。「歪み」から生まれる文字通り歪んだ模様は、自身が経験した鬱病をルーツとした、人の繊細な心に現れる不安、恐怖、焦燥、希死念慮といった負の感情を表している。このような負の感情は、どんなに親しい友人、家族、恋人であっても当人以外には理解できない。人によって価値観やものの考え方、性格等が違い、同じ感情は体験し得ないからだ。故に人は孤独だと私は思う。私はそこにフォーカスし、負の感情を作品鑑賞によって共有・共感することで、自分と鑑賞者を孤独から解放したいと考えている。つらい時や苦しい時、本当に励ましてくれるのは前向きな曲ではなく、暗い、苦しんでいる曲だと私は思う。無責任な元気づけより、ここにも苦しんでいる人がいるという声を上げること、それが共感を生み孤独を和らげられるのではないか。作品を観た人の心の支えとなれば、自分と向き合うきっかけとなれば、孤独から解放されれば、幸いに思う。また、鬱病という経験は、単なる暗い過去ではなく自分にとって必要だったと考えている。悲しみがなければ喜びはなく、闇がなければ光はない。乗り越えるべき障害は、人を成長させる。それが人間らしく、美しくあると思うのだ。

淵上直斗

淵上直斗 Profile

1995年 兵庫県生まれ

関西大学システム理工学部物理・応用物理学科 卒業

◆受賞歴
"TATSUYA ART COMPETITION 2021"◆ギャラリー龍屋賞
"いい芽ふくら芽 in Tokyo2022"◆入選
◆TOMOHIKO YOSHINO GALLERY 賞
◆オーディエンス賞 5位

◆展示歴
2022
公募展 "いい芽ふくら芽 in Tokyo" 入選者展@松坂屋上野店
アートフェア東京2022@東京国際フォーラム(有楽町)
KENZAN2022@東京芸術劇場(池袋)
D-art,ART2022@松坂屋名古屋店
UNKNOWN ASIA 2022@グランフロント大阪

◆インフォメーション
1995.9 兵庫県神戸市生まれ
2018.3 関西大学 システム理工学部 物理・応用物理学科 卒業
2021.3 富士通株式会社 退職、作家活動開始

長期に渡り罹患していた鬱病の悪化により会社を休職、自分の価値について考え直し、独学で制作を開始、会社を退職し画家を志す。

"歪み(HIZUMI)"をテーマに、私たちが生きる日本の鬱屈とした空気感、時代性を作品を通して切り取りたいと考えている。流動的な画材から生まれる模様は、古来から存在している人間の根源的な美意識に訴えかける。絵具やメディウムを0.1g単位で計測する等の緻密な計算のもと、アンコントローラブルな技法と作為的技法を繰り返し、いわば支配下における偶然性と作為性、意識と無意識を交錯させその境界を曖昧にすることで、絵画に対する問いかけを提示している。