KONOYO.net

池袋アートギャザリング公募展
IAG AWARDS 2022 EXHIBITION
22/05/20[金]-22/05/25[水] @ 東京芸術劇場 5F Galllery1&2

「IAG AWARDS」は池袋の街とアーティストをつなぐ「池袋アートギャザリング(IAG)」が企画運営する公募展です。
今年から新たに、アートの新たな地平を目指し、展示する漫画=「漫喜利」部門と「音源指定映像部門」を新設!
全国からの応募者約450名の中から、現役アーティストを中心とするIAG審査員たちが
ジャンルや年齢を問わず50名前後の精鋭アーティストたちを選抜、東京芸術劇場に集結いたします!

相対主義自営業
西園寺リル / Rill Saionji []

● 主な技法:映像、コラージュ、音楽、詩

Suit yourself.

西園寺リル

西園寺リル Profile

1974年 徳島生まれ

大谷大学文学部哲学科宗教学専攻 卒業

◆受賞歴
フリースペースチャレンジ徳島芸術祭2021展示部門 チャレンジ奨励賞
第27回徳島障がい者芸術祭エナジー2021 エナジー賞
第18回徳島文学賞現代詩部門 佳作
第19回徳島文学賞現代詩部門 佳作

◆展示歴
フリースペースチャレンジ徳島芸術祭2021展示部門
第27回徳島障がい者芸術祭エナジー2021

◆インフォメーション
自作詩『乱痴気アンナの生死の歌』

黴臭い ノイズ
轟音は 淫売の唯一神
俺がウォトカに誘爆させるポエトリー

人生は欠落した断片の欠陥直列4気筒に過ぎない

むしろ沈んでやる
枯渇を満たしてやるさ
この廃墟の沈静レボトミンで

雨を名づける
神の名を消す
世界の濫造が この抑鬱の証明

乱痴気アンナが俺に命じる
「生きなさい」

唯物論的モルヒネ宗教デモクラシーの修身スノビズムのくそったれ

地上は死んだ
隣人は死んだ
詩が死んだ

俺だけが緩慢に死線を継続する
激甘ステロイドリビドー
鬱積する激雨の大陸間弾道ミサイル

もうここではない なぜおまえがいない

緩慢な死線の継続の俺だけが書かなければならない
ちきしょう ちきしょう ちきしょう

誰ひとり残らないこの暗喩

乱痴気アンナが俺に囁く
「生きなさい」

生き狂いの静脈コピー 根絶やしのアガペー

言葉を排泄しながら
混迷する生存者

「こんな腐れた母親の恥部は見たことがない」

モスクワ1919の憂鬱
ペンタゴン9191の殲滅

吐け
乗っ取られたパスワードで
チンポ商売のジゴロを分けてやる
使い物にならないX-videoストリーミングと気分変調症ディスチミア人生をフォルダごとDelete

乱痴気アンナが俺に告げる
「生きなさい」

「あなたはどんなリルなの?」
「おまえのオマンコみたいなリルさ」
「詩の思想はあるの?」
「おまえが俺のアンチ思想さ」
「何を書きたいの?」
「俺は臭い豚ウヨメガネや汚いプロ市民のパトリズムや現代詩崩れのポカ世迷言を殲滅したい」
「どんなペニスが詩的に美しい?」
「入れるならなんでもいい」
「あたしのオマンコ好き?」
「オマンコなら平等に好きだ」

「嘘つき」
「嘘しか言わない」

乱痴気アンナだけが知っていた
「生きなさい」

騒擾する爆破テロのバルセロナ。

福音派ペンテコステを化けたイタリア女の膣に埋める顔。悶える声とマン臭は万国共通だった。

デパスが効いて射精できない。化粧が剥げた発情宣教者はただの国際痴情肉便器。

クリスチャニズムとペテン最終戦争を唾棄してやりたい死にやがれ牧師も聖書も法王もついでに天皇も焼いてやる血みどろの体言止めで包囲して捻り潰す。

女はイクがそれは詩情の欠片もない。

乱痴気アンナだけを信じた
「生きなさい」

134回目のオーヴァードーズ
ただ
ただ
自分の
属性を
破毀したかった
昨夜の
電話で
死にたくなった
あの人の
裏切り
すべてに
背を向ける
どうせ
飲んでも
吐く
惰性
緩慢
死の
予行
それは
どこにも
自分がないのに

乱痴気アンナだけが見ていた
「生きなさい」

① 殺す
梅田のボロアパート 屋上

② 生肉を抉るように殴打
頚椎を絞める

③ 初めての殺人未遂経過5分16秒

④ この売女を突き落としたら
難波で売女の膣を突く
初めての殺人13秒前

⑤ あと40数センチで転落

殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す。

⑥ 正気に殺される

→ → → → → →殺し損ねた女を離れて国道1号線を 彷徨う ↓
↑ ↓
↑ ↓
彷徨う ← ← ← ← ← ← 殺し損ねた女を離れて

乱痴気アンナが降りてきたのだった
「生きなさい」

どんな信条も詐欺的なロジック何も信じなかった右も左もたかだか買い被りの愛国心と敵愾ナショナリズムと無気力アナーキズムおまえの理屈は俺がケツ拭く紙わかるか?偽善者の押し売り英会話教室めが出て行け秩序よ裏切り者の脱構築スマホ薀蓄主義のウンコやろう何も聞きたくなかった全部意味ありげなエレメントを見せかけた異物の汚物の廃棄物すべて泣けてくる吐きたくなる誰かの排泄する排他的感傷テリトリーここから救ってくれだれでもいい違うだれでもよくないうちのだれでもいいほうのだれか救ってくれおれを救ってくれここから救ってくれどこかへ救ってくれもう救いようがないおれを救っておれだけ救って救っ救・・・・・・・・・・・・・・・・・・

乱痴気アンナが手を置いた
「生きなさい」

詩ガ カタルシスヲ喰ウ
詩ガ同 調圧量ヲ恐 喝スル
詩ガ偏 狂ナ 恋 愛 ヲ脅ス
詩ガ 腐肉ノ素 朴デ縛 ル
詩 ヲ嘔吐スル
詩 ヲ絞 メル
詩ハ世界 ノ限

詩 ハ
狭 小 ナ 知


ヲ放 棄 シタイ シタイ 死 隊
詩ヘ
死ヲ
死 ヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲ・・・・・・・・・・・・オオオオオオオオ
哀シス GiLL世界 詩 NO 自決
俺 ガ潰ス詩
夜ガ詩 ヲ潰ス、ス、ス、 Stendhal の、おおお、りすぱだあああーるぅ!

乱痴気アンナが詩のなかにいた
「生きなさい」

キャットフードの缶詰の底に書かれたペテロの言葉を眺めていた
宿命と思った
あの人はここにいなかった

우리가 하나님을 사랑한 것이 아니요 하나님이 우리를 사랑하고 우리의 죄를 위해
(私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために・・・・・・)

ΟΘεός μας αγαπά και για τις αμαρτίες μας
(神が私たちを愛し、私たちの罪のために・・・・・・)

हमारे पापों के लिए
(私たちの罪のために・・・・・・)

「・・・・・・にめたの罪」
(罪のために・・・・・・)

虚ろに生きさせようとするキャッチコピー
虚ろに眺め
灰皿にポロニウム310の魂 散った
ここで
終末
望まなかった

「求める」を止めた

無に
無を描いた

乱痴気アンナだけが残った
「生きなさい」

電気コード
首に
巻いて
無言のうちに
過去も
いまも
この時間も
もはや
消失
ドアノブ

巻く

こめて
引力

下に
涙 毀れて
舌を噛む
滲んだ


も、う、こ、 こ、

に、 は、
罪、
し、
か、
な、 い、
生に死が力尽きる
ここ

乱痴気アンナがほほえんだ
「生きなさい」

いきのびるこうかんけつえき
かんごふのびしょう

しにそこなってはじめてのばりぞうごんをつばをはきながらバルーンにむけてつぶやく

せいしんいがくがにどぜつぼうさせた

もういちどしをひろった
もういちどかいた

じゅそをれっきょした
かつぼうをつらねた

にどとそこにはもうかえらなかった

らんちきあんながきすした
「生きなさい」

神を創造しない
生に証を建てない
死に釈明をくれてやる

たかだかクソ詩をリボトリールの安息で払拭してから 八つ裂きに愛する

誰かが拾う結末も ガス欠のフォード・マスタングも
軽量級の生涯も ナパームゼリーも
相対する世界 その恥辱の極み 生き死にの線上
もはや振り返らない

ソーシャルメディアは死にます
クソ垂れ首相も 愛国リベラルも 同時多発手コキで逝け

すべての日本語を抱きしめて 存在のトーチカに投擲する
否定を肯定して逆説で生き切るからこの文字数制限の死をぶっ潰す

乱痴気アンナが
俺を
赦すだろうさ

彼女が俺を救った
「生きなさい」