KONOYO.net

たんざく展&そのつづき展24/07/08[月]-24/07/20[土] @ 新井画廊

切り絵作家
荒井志帆 / Shiho Arai 

● 主な技法:切り絵

私の制作スタイルは切り絵です。
私は、紙を切るというシンプルな手法でどこまで細密な表現が出来るのか、曲線と直線でどんな表現が出来るのかという探究心で切り絵を続けてきました。
私は、切るという行為を私達人間を含めた全ての『生命』の誕生と考えています。
DNAを元に細胞が分裂し形を形成していく。私の切り絵の線は、生命体の神経であり、血管であり細胞達なのです。母体の中で、2つのDNAから新しい生命の核が出来、そこから約10ヶ月間に手足や眼や口、心臓、脳、神経等を形成していきます。何億という年月を経ても、命の誕生は人為を超える奇跡があります。私は命の奇跡を切り絵という手法で表現していきたいのです。
私も一児の母です。制作を通して息子に、世界中の全ての方に「今」この瞬間を生きる時間を大切にし愛する心を持ち続けて欲しいと願っています。

荒井志帆

荒井志帆 Profile

1986年 宮城県生まれ

2009年 東北芸術工科大学/芸術学部/美術科/洋画コース 卒業

◆受賞歴
荒井志帆 (1986年生まれ 宮城県出身)
◆経歴
2009 東北芸術工科大学/芸術学部/美術科/洋画コース 卒業

◆受賞歴
2005 第134回日図創作図案総合展/日図奨励賞
  第18回全国和紙画展/佳作
2006 第19回全国和紙画展/入選
2007 第71回河北美術展/入選
第61回二紀展/入選
2009 第11回雪梁舎フィレンツェ賞展/入選
  第22回全国和紙画展/入選
2010 第23回日本の自然を描く展/入選
2013 アートムーブ2013絵画コンクール/入選
国際切り絵コンクール イン・身廷ジャパン/入選
第6回プラチナアート大賞展2013/入選
JCAA明日の巨匠 ルーブル美術館展/特別賞
2014 美術新人賞 デビュー2014/入選
2016 美術新人賞 デビュー2016/入選
2019 全日本芸術公募展 佳作
2020 The10th International Triennial of Paper
(第10回トリエンナーレ・ペーパーアート・インターナショナル展覧会 )/入選
2022 第83回河北美術展/入選
一の蔵×晩翠画廊「お酒のラベルコンテスト」/晩翠画廊賞
2022 LUXEMBOURG ART PRIZE 2022/ 2022年度の公式認定芸術家としてルクセンブルクの美術館 Pinacothèqueより芸術功績認定証書を授与
2023 いい芽ふくら芽 in TOKYO 2023/ 入選
第3回銀座中央ギャラリー公募展/ 佳作
第60回宮城県芸術祭絵画展(公募の部)/宮城県芸術協会賞(最高賞)
一の蔵×晩翠画廊「第2回お酒のラベルコンテスト」/入選
2023 KENZAN2023 / オーディエンス賞 第2位
2023 いろやの0号展 / 人気賞 第1位

◆展示歴
2009 卒業修了展(東京都美術館)
2013 Salon Art Shopping Oct.2013 Carrousel duLouvre (フランス・ルーブル美術館)
2014 Onward-Navigating the Japanese Future 2014 (ロサンゼルス/The Hive Gallery and Studios)
2016 美術新人賞デビュー2016/入選展 (ギャラリー和田 /東京)
2016 ジ・アートフェア+プリュスーウルトラ (青山スパイラルガーデン/東京)
2017 Between the Line ( ニューヨーク/Parasol Projects NY)
2020 The10th International Triennial of Paper ( Musée de Charmey /スイス)
2022 一の蔵×晩翠画廊「お酒のラベルコンテスト」/( 晩翠画廊 /宮城)
2022 Young Art Tohoku /(GALLERY A8T /宮城)
2023 大丸東京店×八犬堂プレゼンツ ヤングアーティスト公募展 “いい芽ふくら芽in TOKYO 2023
/(大丸東京店 /東京)
2023 たんざく展 ( 新井画廊/ 東京)
2023 そのつづき展 ( Artglorieux GINZA SIX /東京)
2023 第9回たんざく展 ( 阿部敬四郎ギャラリー/ 宮城)
2023 第60回宮城県芸術祭絵画展 (公募の部)( せんだいメディアテーク/宮城)
2023 第60回宮城県芸術祭絵画展受賞者作品展 (東京エレクトロンホール宮城 /宮城)
2023 KENZAN2023 / (東京芸術劇場/ 東京)
2024 Young Art TOHOKU Vol.2 /(GALLERY A8T /宮城)
2024 -Middle Of The Road-わたしたちの王道(大丸東京店10階美術画廊 /東京)
2024 ONBEAT Art Show(銀座三越 本館7階ギャラリー/東京)
2024 たんざく展 XIV(新井画廊 /東京)
2024 ONBEAT Art Show(山形屋3号館3階 山形屋画廊 /鹿児島県)
2024 ONBEAT Art Show(広島三越1階ステージ /広島県)
2024 「夏のあやかし展」/晩翠画廊 仙台)

◆個展歴
2016 個展 2016「ホロスコープ」 (名古屋・ギャラリー37°) 
2017 個展 荒井志帆展 切り絵 HIKARI(東京・銀座/K’s Gallery-an)
2021 荒井志帆 切り絵展『Light of life』(宮城・古川/『Cafe AT HOME』
2022 荒井志帆 切り絵展~Light of hope~ (藤崎本館6階 美術ギャラリー/ 仙台)
2023 荒井志帆 切り絵展 -Espoir- (仙台PARCO ii!!gallery /仙台)
2023「NEO POP PROJECT PERT2」(神戸阪急 本館4階アートギャラリー/神戸)
2024「荒井志帆個展‐光の結晶‐」(伊勢丹浦和店 6階ザ・ステージ#6アート /埼玉)

◆パブリックコレクション
Musée de Charmey /スイス
富士川・切り絵の森美術館/山梨県

◆展示歴
2013 Salon Art Shopping Oct.2013 Carrousel duLouvre(フランス・ルーブル美術館)
2014 Onward-Navigating the Japanese Future 2014(ロサンゼルス/The Hive Gallery and Studios)
2016 ジ・アートフェア+プリュスーウルトラ(東京/青山スパイラルガーデン)
2016 個展 2016「ホロスコープ」 (名古屋・ギャラリー37°) 
2017 Between the Line ( ニューヨーク/Parasol Projects NY)
2020 The10th International Triennial of Paper(Musée de Charmey /スイス)
2022 荒井志帆 切り絵展~Light of hope~(藤崎本館6階 美術ギャラリー/仙台)
2023 荒井志帆 切り絵展 -Espoir- (仙台PARCO ii!!gallery /仙台)
2023 大丸東京店×八犬堂プレゼンツ ヤングアーティスト公募展 “いい芽ふくら芽in TOKYO 2023
2023 「NEO POP PROJECT PERT2」(神戸阪急 本館4階アートギャラリー/神戸)

◆インフォメーション
〈自己紹介〉
私の制作スタイルは切り絵です。
私は、紙を切るというシンプルな手法でどこまで細密な表現が出来るのか、曲線と直線でどんな表現が出来るのかという探究心で切り絵を続けてきました。
私は、切るという行為を私達人間を含めた全ての『生命』の誕生と考えています。
DNAを元に細胞が分裂し形を形成していく。私の切り絵の線は、生命体の神経であり、血管であり細胞達なのです。母体の中で、2つのDNAから新しい生命の核が出来、そこから約10ヶ月間に手足や眼や口、心臓、脳、神経等を形成していきます。何億という年月を経ても、命の誕生は人為を超える奇跡があります。私は命の奇跡を切り絵という手法で表現していきたいのです。
私も一児の母です。制作を通して息子に、世界中の全ての方に「今」この瞬間を生きる時間を大切にし愛する心を持ち続けて欲しいと願っています。

〈略歴〉
荒井志帆/ Shiho Arai
宮城県生まれ
東北芸術工科大学洋画 卒業
20代より独学で切り絵の技術を習得し国内外で作品発表を続けている。
一本のデザインナイフで切り抜く高度な技術と独自の精神世界を表現する絵柄は国際的に評価を受けている。
2020年のスイスで3年に一度に開催される国際ペーパーアートのコンクール「The10th International Triennial of Paper」にて東北大震災の鎮魂の祈りをテーマにした作品が世界各国より600点以上の応募の中から、選抜者74名の1人に選出された。