KONOYO.net

IAG ARTISTS SELECTION
池袋回遊派美術展2021
21/11/17[水]-21/11/22[月] @ 東京芸術劇場 5F GALLERY1

2017年からスタートし、今や国内屈指の公募展となった「IAG AWARDS」に加え、漫画とアートの融合を目指し、漫画家しりあがり寿氏を審査委員長に迎えて昨年実験的に開催した「アート4コマ公募展 漫喜利- MANGIRI-」。
街とアーティストをつなぐ「池袋アートギャザリング- IAG -」が運営する2つの公募展の入選者からセレクトした気鋭アーティストたちによるグループ展です。

大谷 陽一郎 / Yoichiro Otani []

● 主な技法:ミクストメディア

水面に映り込んだイメージは曖昧に揺らぎ、変容する。水面はあらゆるイメージを内包する可能性をもった器のようである。結果、その器が映し出すイメージは幻想的に溶け合い、現実ではないどこか別の世界に通じているように感じる。
この作品ではこちら側を意味する「此」、あちら側を意味する「彼」、水面がイメージを映し出すきっかけを与える「光」、これらの漢字から発音を抽出し、日本語読みで彼=hi、光=kou、此=shi、この三つの音でつながるあらゆる漢字を配置して水面を描くことで、水面を此方と彼方の狭間にある境界として捉えた。
ミニマルな限られた音から意味は広がっていく。作品のなかで漢字は縁によって出会い、互いの意味を交え、新たなインスピレーションを生む。無数の意味の結びつきによって水面のイメージそれ自体を
曖昧にする。

大谷 陽一郎

大谷 陽一郎 Profile

1990年 大阪府生まれ

東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程 3年

◆受賞歴
2020 NONIO ART WAVE AWARD グラフィック・イラストレーション部門 グランプリ
2019 DenchuLab.2019 採択
2018 東京藝術大学修了制作 サロン・ド・プランタン賞
2017 IAG AWARDS IAG奨励賞

◆展示歴
主な展覧会
2021 未来可期的日本新鋭藝術家們(上海梅龍鎮伊勢丹、上海)
2021 江原梨沙子・大谷陽一郎 2人展「孤帆の遠影」(MONTBLANC銀座本店, 東京)
2021 ミライノシブヤウィーク(渋谷西武、東京)
2021 アート解放区 EATS 日本橋(コレド室町テラス誠品生活, 東京)
2021 いんすぴ これやん展(PARK HOTEL Corridor Gallery 34, 東京)
2020 Project le Bosquet
2020 いんすぴ これやん展(PARK HOTEL Corridor Gallery 34, 東京)
2020 DenchuLab.2019(旧平櫛田中邸アトリエ, 東京)
2020 いんすぴ展(パークホテル東京, 東京)
2020 0101 Art Fair(世貿一館, 台北)
2020 アート解放区GINZA(銀座髙木ビル, 東京)
2019 アート解放区DAIKANYAMA(Tenoha代官山, 東京)
2019 IAGセレクト展(三番町ギャラリー, 埼玉)
2018 BAY ART(MixC Shenzhen Bay, 深セン)
2018 Art Expo MALAYSIA(クアランプール)
2018 crossword(代官山T-SITE, 東京)
2018 池袋回遊派美術展(東京芸術劇場ギャラリー, 東京)
2017 みなとメディアミュージアム(百華蔵, 茨城)
2017 IAG AWARD EXHIBITION(東京芸術劇場ギャラリー, 東京)

パブリックアート
MixC Shenzhen Bay, 深セン

◆インフォメーション
1990年大阪府生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。2018年から2019年北京の清華大学へ交換留学。画集に『雨 大谷陽一郎作品集』(リトルモア)、絵本に『かんじるえ』(福音館書店)がある。