KONOYO.net

IAG ARTISTS SELECTION
池袋回遊派美術展2021
21/11/17[水]-21/11/22[月] @ 東京芸術劇場 5F GALLERY1

2017年からスタートし、今や国内屈指の公募展となった「IAG AWARDS」に加え、漫画とアートの融合を目指し、漫画家しりあがり寿氏を審査委員長に迎えて昨年実験的に開催した「アート4コマ公募展 漫喜利- MANGIRI-」。
街とアーティストをつなぐ「池袋アートギャザリング- IAG -」が運営する2つの公募展の入選者からセレクトした気鋭アーティストたちによるグループ展です。

染色画家
亀下 渚 / kameshita nagisa []

● 主な技法:染色オリジナルテクニック

亀下 渚

亀下 渚 Profile

1991年 東京都生まれ

2012年 女子美術大学短期大学部創造デザインコーステキスタイル 卒業

2013年 女子美術大学短期大学部創造デザインコーステキスタイル専攻科 卒業

2014年 女子美術大学短期大学部創造デザインコーステキスタイル専攻科研究生 修了

◆受賞歴
2019
IAGアワード2019奨励賞、準オーディエンス賞
KENZAN2019 ギャラリー花影抄賞、オーディエンス6位入賞
2020
KENZAN2020 花影抄 ギャラリー賞、オーディエンス8位入賞
2022
いい芽ふくら芽inSAPPORO
優秀賞、GINZASIXアールグロリュー賞、アートコレクターズ賞、オーディエンス6位入賞

◆展示歴
■個展
2014 命の謳に魅せられて (Gallely NOAH/銀座)
2015 徒花の宴 -あだはなのうたげ-(Gallery Camellia/銀座)
2016 春雪の栞(Gallery Camellia/銀座)
2019 命の滸 -いのちのみぎわ-(Gallery Camellia/銀座)
2021 泡色の霧 Gallery花影抄(東京/根津)

■グループ展
2016 Young Textile Art Triennale 2016 in Poland(ポーランド) ※学生選抜
2018 IAGアワード2019 (東京芸術劇場/池袋)
KENZAN2019以降毎年 (東京芸術劇場/池袋)
2020今昔絵図展(GINZASIXアールグロリュー/銀座)
アートのチカラ(伊勢丹新宿店アートギャラリー/新宿)
2021 アッパレ!アートパレード (松坂屋静岡店 美術サロン/静岡)
NEW SURFACE展 (松坂屋名古屋店アンテナプラスアート/愛知)
2022 女子美術REUNION(松坂屋上野店)

他展示多数、詳細はHPにて一覧にしております

◆インフォメーション
モチーフは狼と動植物です。
表現の媒体は絹の反物、スカーフ、お洋服になる薄いシルクの布を使用しております。
技法は伝統の染色技法を応用して生み出した独自の染色技法で主に細い筆、染色専用の刷毛を使用して布に描く方法で表現します。