KONOYO.net

KENZAN202323/11/15[水]-23/11/19[日] @ 東京芸術劇場

美術界の次世代を担う作家達が、自らの芸術環境を創造する「見参プロジェクト」。その一環として年に一回開催される美術展「KENZAN」は、作家を目指すものにとって美術業界への登竜門となる見参プロジェクトのシンボルイベントです。
前身となる美大生有志によるアンデパンダン展「遊美」から数え17回目の開催となる今回も、各協賛ギャラリー賞の他、ご来場者アンケートで人気を得た作家への「オーディエンス賞」の授与など、作家たちにとって大きなチャンスの場となっております。
ぜひ皆さまも、ご来場いただき若き才能の発掘にご参加ください!

◎全作品公開は11月14日(火)0時~
◎WEB販売スタート:11月15日(水)11時~

佐久間 露涓 / Roken Sakuma [5F Gallery2]

● 主な技法:油彩

情報過多な現代において、多くの人は情報を積極的に得ようとするというよりは、むしろ、強制的に入っていた膨大な量の情報からわずかなものだけを選択し、残った多くの情報は無意識下に放棄しているのではないか。そんな中で、「余白を確保し、必要な情報とだけ対峙する経験」は貴重であり、それよって積極的に情報を収集しようとする人間の本能が刺激されるものと考えている。
作者である私も、そして鑑賞者も、余白のある作品と向かい合うときには、静かな空間で耳を澄ましてしまうように、普段は情報の波に鈍らされている感覚を無意識に開放することになる。
余白は東洋的な美意識であり、古来、水墨画や日本画には積極的に取り入れられてきた。日本では視覚芸術のみならず、例えば短歌のように必要最小限の言葉を残すことで散文よりも奥深い世界を表現しようとする文化もある。私自身、日本文化の中で生まれ育った者として、余白のある世界においては、日常ではかき消されてしまうような些細な事実に気が付くことができる、という体験を作品を通して表現していきたい。

今回の展示では、近年描いたものをオムニバス形式で出品しているため特定のテーマは存在しない。ただし、一貫して人工物を描く場合は道具としての役割があるが故の「存在意義の明確さ」に感心を寄せている。またペンギンは頻繁に描くモチーフの一つであり、漢字表記すると「人鳥」と表記するように、直立して群れで生きる姿に人間っぽさを感じて描いている。

No image

佐久間 露涓 Profile

1980年 北海道生まれ

女子美術大学芸術学部絵画科洋画専攻版画科 卒業

0武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科 中退

◆受賞歴
学生美術全道展 北海道新聞社賞受賞
第14回 世界絵画大賞展 入選
2020年 KENZAN 若竹千佐子賞受賞

◆展示歴
2019年
個展 作用点(流浪堂/学芸大学)
KENZAN(以降毎年参加)
2020年
アートのチカラ(伊勢丹新宿本店)
お誕生日イラスト原画展示(代官山 蔦屋書店)
2021年
個展 析出 (流浪堂/学芸大学)
2022年
アートゲンダイ(松坂屋/上野)
2023年
サッポロアートパレード(大丸/札幌)
2024年
個展 表面張力(八犬堂/京橋)

◆インフォメーション
油絵の制作や万年筆でのドローイングを行う。

イラストレーターや絵画教室の講師の経験を経て、文具店の仕事に携わる。文具と向き合ううちに、プロダクトに興味を持ち、以後、モチーフとして工業製品が登場するようになる。

著書「イラストで楽しむ万年筆のインク見本帖」玄光社