KONOYO.net

KENZAN202121/09/22[水]-21/09/26[日] @ 東京芸術劇場

画家
岡本 博紀 / Okamoto Hiroki [Gallery1]

● 主な技法:ドローイング

 私は「記憶」をテーマに作品を描いています。人間は生きていく中で様々な取捨選択を強いられますが、これらを続けていく中で次第に自己や人格が形成されて行き、成功や失敗の経験を得て社会の中で成長をしていくことになります。
 ですが、その選択の中で切り捨てられていったものは、全くの無になるということではなく、頭の中の片隅で塵や埃の様になって積もっているのではないかと思うのです。

 「塵や埃」と言うと汚いと思われるかもしれませんが、例えば埃というのは様々な色の繊維が集積され結果として灰色に見えているだけなので、元を辿れば一つ一つのしっかりした色を持った存在であると言えます。私の作品はグレートーンを背景としたものが多いのですが、それは様々な色を持った記憶が複雑に頭の中で絡み合って結果的にグレートーンとして反映されたものになっています。

 そうした朧気な記憶をモチーフにしているので描かれる対象は具体的な形を成していなかったり、ぼやけていたりします。人によっては、作者の想定しているイメージと全く別のものに見えることでしょう。
然しこれは鑑賞者の方々に全てを委ねるということではなく、描く対象を記号化し作者と鑑賞者の間にある共感性を推し量る行為でもあるのです。私の描く作品は、「私はこう思ったけど言われてみればそうしたイメージもあるな」という共感性を引き出すための触媒です。勿論、「いや、私はそうは思わない」「その印象はなかった」と思う方もおられるでしょう。それは至極当然なことで、寧ろそうした方々によって、別なる新鮮なイメージが発掘されることも含めた作品となります。

 私がこうした作品を描くのは、アートというものの魅力が自己完結したものではなく、自分の認識を一歩超えた先(認識の外側)にあるのではないかと感じているからです。そして、こうした絵を描くことで僅かながらでも、鑑賞者の方々と絵を通して共感することが出来れば、それが一番の幸いとなるでしょう。

岡本 博紀

岡本 博紀 Profile

1990年 大阪府生まれ

2015年 大阪芸術大学大学院 芸術研究科 絵画領域 修士課程 修了

◆受賞歴
2015年 大阪芸術大学大学院修了展 塚本英世賞
2018年 いろやの0号展 ピカソ画房賞
2020年 日本文藝アートコンペティション 奨励賞
2020年 ヤングアーティスト公募展『いい芽ふくら芽2020』 八犬堂ギャラリー賞

◆展示歴
2017年 6月 第35回三菱商事アート・ゲート・プログラム (東京) 以後複数回出品
2019年 4月 Contemporary Art Salon Spring2019 入選(台北オークションセンター)
2019年 7月 「ドローイングとは何か」展 入選(ギャルリー志門)
2020年 2月 個展『解像度』(CLOUD ART+COFFEE、ギャルリー志門)
2021年 1月 個展『日日是好日』(BLANK)
2021年 2月 『アートフルな暮らし』(伊勢丹浦和)
2021年 2月 『KOWAII展vol.XI』(新井画廊)
2021年 4月 ART!ART!OSAKA(大丸梅田)
2021年 6月 個展『えもいわれぬ』(ギャラリースバル)
2021年 6月 『今昔絵図展』(GINZA SIX)

◆インフォメーション
ペンと水性インクを用いたドローイング作品を制作しています。描く対象は幾何学模様や文様等の抽象的イメージが多いのですが、「自らの記憶」をベースにしているので具象的なモチーフを描くこともあります。叙情的なイメージをもった作品の制作を心がけており、鑑賞者の方々との「記憶の共有」を目指しています。
抽象的な考え方ですが、絵画というのは決して作者一人で自己完結するものではなく、見られる方々との共有を経て成長していくものだと思うので、作品を媒体にして一人でも多くの方々と共感することが出来れば、それが何よりの幸いとなるでしょう。