KONOYO.net

マウン展21/08/08[日]-21/08/17[火] @ 大丸東京店9階イベントスペース

画家
岡本 博紀 / Okamoto Hiroki []

● 主な技法:ドローイング

岡本 博紀

岡本 博紀 Profile

1990年 大阪府生まれ

2015年 大阪芸術大学大学院 芸術研究科 絵画領域 修士課程 修了

◆受賞歴
2015年 大阪芸術大学大学院修了展 塚本英世賞
2018年 いろやの0号展 ピカソ画房賞
2020年 日本文藝アートコンペティション 奨励賞
2020年 ヤングアーティスト公募展『いい芽ふくら芽2020』 八犬堂ギャラリー賞

◆展示歴
2017年 6月 第35回三菱商事アート・ゲート・プログラム (東京) 以後複数回出品
2019年 4月 Contemporary Art Salon Spring2019 入選(台北オークションセンター)
2019年 7月 「ドローイングとは何か」展 入選(ギャルリー志門)
2020年 2月 個展『解像度』(CLOUD ART+COFFEE、ギャルリー志門)
2021年 1月 個展『日日是好日』(BLANK)
2021年 2月 『アートフルな暮らし』(伊勢丹浦和)
2021年 2月 『KOWAII展vol.XI』(新井画廊)
2021年 4月 ART!ART!OSAKA(大丸梅田)
2021年 6月 個展『えもいわれぬ』(ギャラリースバル)
2021年 6月 『今昔絵図展』(GINZA SIX)

◆インフォメーション
ペンと水性インクを用いたドローイング作品を制作しています。描く対象は幾何学模様や文様等の抽象的イメージが多いのですが、「自らの記憶」をベースにしているので具象的なモチーフを描くこともあります。叙情的なイメージをもった作品の制作を心がけており、鑑賞者の方々との「記憶の共有」を目指しています。
抽象的な考え方ですが、絵画というのは決して作者一人で自己完結するものではなく、見られる方々との共有を経て成長していくものだと思うので、作品を媒体にして一人でも多くの方々と共感することが出来れば、それが何よりの幸いとなるでしょう。