KONOYO.net

アート4コマ公募展
漫喜利 -MANGIRI- 2020
20/07/17[金]-20/07/19[日] @ 東京芸術劇場 5F Gallery2

アートとマンガの垣根を超えて新たな才能を発掘する、「池袋アートギャザリング(!AG) 」による新企画公募展の大賞、各審査員賞をはじめとする各賞と入選作品を発表します。マンガの原点「4コマ」という形式に創意を盛り込んだ、多彩な作品をご覧ください。
<審査員>
審査員長しりあがり寿〈漫画家〉
小田雄太〈デザイナ一/アートデイレクター〉
関谷武裕〈トーチweb編集長〉
中村ケンゴ〈美術家〉
山内裕文〈東アジア文化都市2019豊島マンガ•アニメ部門事業ディレクター〉

作家
東春予 / Higashi Haruyo []

● 主な技法:ドローイング

漫画を描く際には、1つの画面に4つのレイヤーがある。1.下書きの青いシャーペン2.ペン入れのインク3.スクリーントーン、4.それが編集されて貼られたアンチゴシック体の台詞、印刷には写らない、生原稿の4層を、わたしはキャンバスにアクリル・インク・メディウムを用いて、トーンの粒まで全て手描きで再構成した。
今回はPaper Peopleというバンドの曲をモチーフに制作した。ドラム、ベース、ギター、ボーカルの4層によって経過する時間を、同じく4層のレイヤーを持つ漫画のコマとして描いた。

東春予

東春予 Profile

1995年 千葉生まれ

京都造形芸術大学 情報デザイン学科 イラストレーションコース 卒業

◆受賞歴
小学館スピリッツ賞 努力賞
京都造形芸術大学 卒業展 同窓会特別賞

◆展示歴
2018年に京都造形芸術大学卒業後、個展『実験漫画 破線(連ねられた点による)』を東京 ondo STAY&EXHIBITION で開催。
2019年3月には京都 kunst arzt での個展『実験漫画 コミックはミュージックのように』同年9月、東京亀戸アートセンターで個展『実験漫画 コミックはミュージックのように vol.2』を開催。

◆インフォメーション
https://www.instagram.com/ae_j_ossss/?hl=ja