KONOYO.net

IAG ARTISTS SELECTION
池袋回遊派美術展2021
21/11/17[水]-21/11/22[月] @ 東京芸術劇場 5F GALLERY1

2017年からスタートし、今や国内屈指の公募展となった「IAG AWARDS」に加え、漫画とアートの融合を目指し、漫画家しりあがり寿氏を審査委員長に迎えて昨年実験的に開催した「アート4コマ公募展 漫喜利- MANGIRI-」。
街とアーティストをつなぐ「池袋アートギャザリング- IAG -」が運営する2つの公募展の入選者からセレクトした気鋭アーティストたちによるグループ展です。

作家
東春予 / Higashi Haruyo []

● 主な技法:ドローイング

漫画表現を利用し、絵画における時間の表現について模索する。

東春予

東春予 Profile

1995年 千葉生まれ

京都造形芸術大学 情報デザイン学科 イラストレーションコース 卒業

◆受賞歴
小学館スピリッツ賞 努力賞
京都造形芸術大学 卒業展 同窓会特別賞
池袋アートギャザリング主催 漫喜利 優秀賞 IAG賞

◆展示歴
2018年 京都造形芸術大学卒業 個展『実験漫画 破線(連ねられた点による)』(東京 ondo )
2019年 個展『実験漫画 コミックはミュージックのように』、個展『実験漫画 コミックはミュージックのように vol.2』(東京 亀戸アートセンター)
2020年 公募展「漫喜利」 個展『実験漫画(コミックはミュージックのように vol.3)』(旭川)
2021年 個展『実験漫画(コミックは ミュージックのように vol.3.5)』(東京 108)
個展『実験漫画(コミックはミュージックのように vol.4)』(京都 cocoto)「BE AT STUDIO HARAJUKU」(東京 ラフォーレ原宿)
個展『実験漫画(コミックはミュージックのように vol.5)』(大阪 gallery shop marco)
IAG SELECTION池袋回遊派美術展(東京 東京芸術劇場)
2022年 「ことばのアート展」(大阪 阪神梅田本店)

◆インフォメーション
京都造形芸術大学を卒業後、主に京都、大阪、東京で個展やグループ展に参加している。
関西での展示は

2019年 個展『実験漫画 コミックはミュージックのように』(京都 kunst arzt),
2020年 グループ展『ヒョーヒョーテンポ』(京都 yuge)
2021年 グループ展『border』(大阪 gallery shop Marco)『アートとTシャツと私』(京都 haku)
個展『実験漫画(コミックはミュージックのように vol.4)』(京都 cocoto)
2022年 グループ展「ことばのアート展」(大阪 阪神梅田本店)グループ展『allegory of them』(大阪 gallery shop Marco)

などがある。