KONOYO.net

池袋アートギャザリング公募展
IAG AWARDS 2022 EXHIBITION
22/05/20[金]-22/05/25[水] @ 東京芸術劇場 5F Galllery1&2

「IAG AWARDS」は池袋の街とアーティストをつなぐ「池袋アートギャザリング(IAG)」が企画運営する公募展です。
今年から新たに、アートの新たな地平を目指し、展示する漫画=「漫喜利」部門と「音源指定映像部門」を新設!
全国からの応募者約450名の中から、現役アーティストを中心とするIAG審査員たちが
ジャンルや年齢を問わず50名前後の精鋭アーティストたちを選抜、東京芸術劇場に集結いたします!

前川美衣 / Mii Maekawa []

● 主な技法:彫刻、版画

私は『漫画彫刻』を制作しております。
漫画は、私が生きてきた中で1番近くにあり、夢を与えてくれた芸術です。
漫画と共に生きてきた私の生活のリアリティを正直に体現することが私の表現です。
そしてそれは間接的に日本の
奇想天外で疾走感のある漫画の世界観を3次元に落とし込む事で、見る人をそこに取り込んでいけたらいいなと、思います。
素材に木材を使用している理由は、
育った木材建築の香りと漫画の組み合わせが生活のリアリティを表現するのに必要不可欠だと感じたからです。
漫画と彫刻の融合によってどれだけシュールな世界を作れるかを模索しています。
漫画は、グローバルな視点で見ると、日本に住む私たちが思っている以上にアートとしての関心を集めています。
私の、クリエイティブは、人をクスッと笑わせると同時に、漫画という表現方法の新たな変化として、アートの文脈で意味のあるものになると考えています。

前川美衣

前川美衣 Profile

2000年 東京都生まれ

多摩美術大学 彫刻学科 3年

◆受賞歴

◆展示歴
グループ展『東京学館船橋卒業制作展』/2019.1
グループ展『I Loved it, and now』/2019.11
アートファス『アートシティはしもと』/2020.9
グループ展『35/1展』/2021.7
公募展『止まった時代の主人公たち』/2021.8

◆インフォメーション
漫画と彫刻の二つの形式を織り交ぜながら、自分自身の生活のリアリティを体現する。二次元を肉体化した"フィギュア"ではなく、あくまでも「漫画」の平面的要素を残したまま立体化することで、その軽やかさを「モノ」にする事ができる。素材は、生まれた時から親しんできた木材やコンクリートを主に使用。立体⇄平面、リアル⇄フィクション、分類されやすい現代においてどこにも属さない、笑える作品たちを楽しんでほしい。