KONOYO.net

KENZAN202121/09/22[水]-21/09/26[日] @ 東京芸術劇場

何承霖 / HE CHENGLIN [Atlier EAST]

● 主な技法:日本画

 生物が死んで、自分の肉体をほかの生物にあげる行為は私のテーマ「生死における残酷さについて」と思います。
 
 私は自然選択の残酷性と自然の新しい代謝の必要性がこの作品を表します。

何承霖

何承霖 Profile

1994年 中国生まれ

武蔵野美術大学 3年

◆受賞歴

◆展示歴
2016年 グループ展 燕半計画(中国重慶)
2020年 上野の森美術館38届大賞展 入選
2021年 グループ展 百花繚乱HERO展
グループ展 冬の夜空展
グループ展 NATUREI展
tokyo artist book fair 2021展
夏祭り公募展
2511ミニアート展

◆インフォメーション
私は作品を通じて自分の未来に対する一种の恐怖を表したい。私は生まれてから一条の死への道を歩んでいる。マルティン·ハイデッガー が『時間と存在』で記述したように死へ向かう存在である。私は生まれながらに孤独な存在として、一歩一歩前の探求し、死に向かっている。そして、私にできるのはゴールにたどり着くまでに何かを残し続けることだけで、それは私がこの世界に存在していたことを証明している。