KONOYO.net

大宴会的美術展
KENZAN2020
20/06/10[水]-20/06/17[水] @ konoyo.net

次代を担うアーティストたちが主体となり毎年開催、約1000点の圧倒的な展示が、美術ファンや美術関係者から注目の大美術展「KENZAN」。
本年はオンラインという時空の広がりのある展示会場を得て、より自由に、より意欲的に作品を紹介いたします
ライブ配信 KENZAN TV と合わせて、コロナに負けないアーティストたちの活動を応援してください。

小山 翔平 / Shohei Oyama []

● 主な技法:油彩による視差効果(パララクス)

小山 翔平

小山 翔平 Profile

1985年 滋賀県生まれ

京都造形芸術大学 卒業

◆受賞歴
2018 見参2018にて池袋アートギャラリー賞
2018 第2回アートオリンピアにて優秀賞

◆展示歴
2018年
語る抽象画展vol.6(東京:アートコンプレックスセンター)
技巧派コンテンポラリーアート展(東京:伊勢丹新宿店)
見参2018
個展:新手のウィリアム・ウィルソン(東京:ギャラリー美の起原)
個展:何度も反芻天国(兵庫:谷崎潤一郎記念館)
2019年
見参2019(10月3日~8日/新宿パークタワー アトリウム(1階・2階)+ギャラリ-3)
モノクローム展(東京:ギャラリー美の起原)
2020年
Mixed Media2020 展(東京:ギャラリーアートポイント)
ぽんぽん発表するためにはこつこつ制作するしかない展(大阪:菓子工房yamao)

◆インフォメーション
何を描いているかというより、同じものでも人によって見え方が違うという面白さを(つまり視覚を)追究しています。例えば視力、身長、見る距離、角度などです。