KONOYO.net

KENZAN202121/09/22[水]-21/09/26[日] @ 東京芸術劇場

画家、写真家、美術家
SAKI OTSUKA / SAKI OTSUKA [Atlier WEST]

● 主な技法:アクリル、墨、顔彩など

「人間」滲んでいくインクを私は止めることが出来ない。
強い生命力で紙を這う様に私は無力だ。
絵は私の分身で、私の内面の言葉、記憶、感情、生きている事実がそこにある。
インクで出来た人間達は、私が私であるために心の中を描いた分身だ。
私が私であるために、私は分身を描く。 

「水面」
水の中は別世界だ。
水の中には人間のいない美しい世界がある。
水面は水の中と人間の世界との境界線にある。その境界線は光を浴び、輝いている。誘い込むような光の揺らぎ。時を忘れ、安らぎとなりますように。

SAKI OTSUKA

SAKI OTSUKA Profile

1984年 東京都生まれ

◆受賞歴
SHIBUYA AWARDS入選

◆展示歴
2012
個展「密賣NUDE 」写真展 /東京・UPLINK&大阪Pulp
2017
大塚咲絵画展/東京・湾岸画廊
個展「me」セルフポートレート写真展/東京・神保町画廊
2019
個展「MEME BLUE YELLOW」写真展/福岡・アートスペース獏
​個展「HOTEL-B」写真展/東京・人間レストラン
個展「さようなら大塚咲」写真展/東京・清アートスペース
2021
台湾BossgalleryよりPhotoPaint 作品個展参加/台湾・アートフェアONE ART TAIPEI
個展「女であるために」 Photo & PhotoPaint 展/東京・GalleryETHER
個展「HOTEL-B」PhotoPaint 展/東京・長亭ギャラリー 個展
個展「私であるために」絵画展 /東京・gallery FACE TO FACE
個展「私という赤、境界線の青」/東京・UCHIGO and SHIZIMI Gallery
-contemporary- UENO芸術祭×KENZAN/上野松坂屋
個展「幸せを知る花」/東京・清アートスペース

◆インフォメーション
幼少期から絵を描くことに惹かれ、15歳に発症した複雑性ptsdと共に生きるように絵を描き続けている。自分が「ここにいる」という一貫したメッセージを込めて創作活動を行い、自己の中心から発せられる力を客観的な写真に落し込み写真家としても活動している。インスタレーション等、作品は多岐にわたる。東京出身、女。