KONOYO.net

KENZAN202121/09/22[水]-21/09/26[日] @ 東京芸術劇場

写真家、画家、美術家
SAKI OTSUKA / SAKI OTSUKA

● 主な技法:アクリル、墨、透明水彩

「人間」滲んでいくインクを私は止めることが出来ない。
強い生命力で紙を這う様に私は無力だ。
絵は私の分身で、私の内面の言葉、記憶、感情、生きている事実がそこにある。
インクで出来た人間達は、私が私であるために心の中を描いた分身だ。
私が私であるために、私は分身を描く。 

「水面」
水の中は別世界だ。
水の中には人間のいない美しい世界がある。
水面は水の中と人間の世界との境界線にある。その境界線は光を浴び、輝いている。誘い込むような光の揺らぎ。時を忘れ、安らぎとなりますように。

SAKI OTSUKA

SAKI OTSUKA Profile

1984年 東京都生まれ

八洲学園 高等学校 卒業

◆受賞歴

◆展示歴
□“密賣NUDE”Exhibition UPLINK/Pulp
□東京・湾岸画廊 大塚咲絵画展。
□東京・神保町画廊 「me」
□福岡・アートスペース貘「MEME5nd」
□大阪・Pulpギャラリー「me+MEME」
□東京・神保町画廊/Pulpにて「HAREAME」
□東京・清アートスペース 「さようなら大塚咲」
□東京・神保町画廊「私たちは共鳴している」
□東京・GalleryETHER「女であるために」2021
□東京・Gallery FACE TO FACE「私であるために」2021
□東京・清アートスペース「私に花束」2021

(グループ展、二人展、巡回展、省略)

◆インフォメーション
SAKI OTSUKA(大塚咲)
写真家、画家、美術家。「自分の存在は作品である」その考えからセルフポートレートを撮る。女性をテーマにした作品も多数。
絵は自分の分身。水面、人間、花をモチーフに絵を描く。
著書/「よわむし」双葉社
写真集/「密賣nude」ERECTMagazine