KONOYO.net

池袋アートギャザリング公募展
IAG AWARDS 2021 EXHIBITION
21/07/14[水]-21/07/19[月] @ 東京芸術劇場 5F Gallery1

ガラス造形作家
三平 硝子 / shoko mihira []

● 主な技法:バーナーワーク

私はモンスターや怪獣をガラスで立体造形しております。

私の中でモンスターや怪獣は、人間に近い存在で人間のような感情を持っており
人間とほとんど変わらない生活をしているが見た目が異なるだけの存在であると思っています。

彼らにも生活があり喜怒哀楽があり、彼らの生活の一部分を切り取り、どのような状況でどのような感情が溢れているのかを作品として制作しています。
時にそれは自分自身の日常の中の出来事であったりもします。

私が使う素材はボロシリケイトガラスと呼ばれる強化ガラスです。
表現する上で、このガラスを選んだポイントは劣化がなく後世まで作品が残る素材だからです。
その上で、素材が硬いので割れにくく展示や保管にも適していると思ったからです。

三平 硝子

三平 硝子 Profile

1979年 東京生まれ

Zii Glass Sculpture School 修了

◆受賞歴
2020 Monstar Exhibition 2020 優秀賞
2021 IAG awords 2021 入選
2021 Independent Tokyo 2021 審査員特別賞

◆展示歴
2021 ギャラリー Face to face『Make the KNOTS』
2021 ギャラリー Face to face『5つのいきものがたり』
2021 IAG awords2021
2021 Independent Tokyo 2021
2021 SICF22

◆インフォメーション
私はモンスターをガラスで制作しています。
私の中でモンスターは人間に近い存在で、見た目が異なるだけで
人間と同じような生活や感情を持っている存在だと思っています。

モデルとなるのは自分が生活の中で見た人々や、自分自身の出来事やコンプレックス、社会現象などといった事例を頭の中でモンスター化し立体作品として制作しています。


私が使う素材はボロシリケイトガラスと呼ばれる強化ガラスの一種を使用しています。
このガラスは展示するうえで、転倒や落下による割れがおきにくく経年劣化などもなく、展示や保管に適している素材だと思ったので使用しております。

ガラスをバーナーの火の中に入れて、ガラスを溶かしながら制作するバーナーワークと呼ばれる技法で制作しています。