KONOYO.net

池袋アートギャザリング公募展
IAG AWARDS 2024 EXHIBITION
24/05/24[金]-24/06/02[日] @ 東京芸術劇場 5F Gallery1&2

造形作家
辻宣 / tsuji nobu 

● 主な技法:石粉粘土を使用した立体造形

私は自分の骨が嫌いだ。他者から指摘された華奢な見た目、流動的にうねっている形、弱々しい様。そうしたコンプレックスが根強く残る。人、生き物。誰一つとして同じ骨の形をしていない。
経験、歴史的背景、表現など、それぞれが、それぞれの文脈をたどり、骨の上から何層にも纏う事で、生命というものが形成される。それと同時にその場に適応する為の骨も進化、退化を繰り返していく。骨はいわば自分を作り上げる為の結晶体であり、生命の形でもある。目には見えない密度の濃いエネルギーが詰まっている骨にこそ、生を感じる。そう意味を持たせてあげ、肯定する事が私にとっての芸術である。嫌いで終わらせない為に。

辻宣

辻宣 Profile

1994年 香川県生まれ

2016年 京都芸術大学 こども芸術学科 卒業

◆受賞歴
2016年 京都造形芸術大学(現 京都芸術大学) 卒業展 学長賞
2023年 iPad/DIGTAL ART COMPETITION 2023 /東京浅草画廊Gei藝 準優秀賞 受賞
2024年「第3回 BrainBrunn ART AWARD 2024」 入選
池袋アートギャザリング公募展 IAG AWARDS 2024 入選

◆展示歴
2023 
「GEISAI#22&Classic」 / 東京ビックサイト(出展)
NO DIGTAL ART COMPETITION 2023 /東京浅草画廊Gei藝 (出展)
iPad/DIGTAL ART COMPETITION 2023 /東京浅草画廊Gei藝 (出展)

2024
「第3回 BrainBrunn ART AWARD
2024」/BrainBrunngallery(出展)
個展 「Re:play」/東京浅草画廊Gei藝
池袋アートギャザリング公募展 IAG AWARDS 2024

◆インフォメーション
幼少の頃から自分の華奢な身体や精神面の弱さなどが目につき、自己を受け入れられずにいました。人より劣っている自分への苛立ちや周りと比較してしまうマイナス的思考が今でもコンプレックスとして残っています。

それと同時期にウルトラ怪獣や恐竜、怪人、妖怪といった、未知の生命体が持つ力強さに魅力を感じ、取り憑かれていました。中でも"怪獣"への憧れが強く、いつかそういった存在へ変容したい幻想を抱く事がありました。そういった自己の弱さやコンプレックスを肯定する方法の一つとして芸術での表現がありました。

ネガティブな物に意味付けを行い、自分にとっての憧れを立体として表現させ、自己を振り返る事を探求しています。

今は自分の中で根強く残る"骨"をテーマに立体表現を行っています。