KONOYO.net

池袋アートギャザリング公募展
IAG AWARDS 2022 EXHIBITION
22/05/20[金]-22/05/25[水] @ 東京芸術劇場 5F Galllery1&2

「IAG AWARDS」は池袋の街とアーティストをつなぐ「池袋アートギャザリング(IAG)」が企画運営する公募展です。
今年から新たに、アートの新たな地平を目指し、展示する漫画=「漫喜利」部門と「音源指定映像部門」を新設!
全国からの応募者約450名の中から、現役アーティストを中心とするIAG審査員たちが
ジャンルや年齢を問わず50名前後の精鋭アーティストたちを選抜、東京芸術劇場に集結いたします!

パンダ絵師
あごぱん / Agopan []

● 主な技法:アクリル画

様々なパンダとそれを取り巻く出来事を、豊かな色彩と独特の構図で大胆に表現する事を心がけて制作しています。人物の姿で描くと生々しい事象も、「かわいい」「免罪符的」な 動物と捉えるパンダの姿に変換して表現することで、観る者が受け入れ易く、強いては表向きの姿にだまされ易い「人の目の不確かさ」 に気付くことができるかもしれない、という想いから制作を続けています。

今回の展示ではコロナ禍で国内旅行すらままならなくなった社会状況下、一枚の絵で日本全国を旅することのできる作品を描いてみたいという思いから制作しました。

あごぱん

あごぱん Profile

1979年 鹿児島生まれ

鹿児島大学教育学部学校教育教員養成課程社会専修 卒業

◆受賞歴
2004年 ART MARKET Vol.6 審査員特別賞(大寺聡賞)
2005年 ART MARKET Vol.7 第三位
2006年 ART MARKET Vol.8 スカウト審査賞(the blue bird tea room賞)
2008年 ART MARKET Vol.11 準グランプリ
2009年 KTSナマイキボイスART MARKET Vol.12 グランプリ
2009年 ART MARKET Vol.12 スカウト審査賞(南日本新聞フェリア賞)
2010年 鹿児島デザイン百覧会来場者投票 3位
2010年 第11回インターナショナル・イラストレーション・コンペティション ベスト・イン・キャラクター賞(日本イラストレーター 協会主催)
2010年 ART MARKET Vol.15 スカウト審査賞 (マルヤガーデンズ賞)
2010年 U1 SPACEイラストレーションファイルコンペ 大賞 (唐仁原教久賞)
2014年 リキテックスアートプライズ 準グランプリ

◆展示歴
個展
2021 「神々の水遊び」 s+arts(東京)
2020 「時代を描く ~時の盆栽~」s+arts (東京)
2019 「時代を描く」ホワイトギャラリー(鹿児島)
「映画のパンダ的調理法」s+arts (東京)
2018 「パンダは回る」Shonandai Gallery(東京)
2017 「パンダの森」 鹿児島県立現代美術館 霧島アートの森 (鹿児島)

グループ展
2021 4人展 Contemporary Tokyo (TERRADA ART COMPLEX Ⅱ)
広州アートフェア (中国) / 出展:Contemporary Tokyo
2019 Affordable Art Fair Hong Kong(香港) / 出展:Shonandai Gallery
2018 Affordable Art Fair Hong Kong(香港) / 出展:Shonandai Gallery
2017 「Shonandai MY Gallery 開廊10周年記念展」 Shonandai Gallery(東京)
Affordable Art Fair Hong Kong(香港)/ 出展:Shonandai Gallery
YOUNG ART TAIPEI(台湾)/ 出展:Shonandai Gallery

◆インフォメーション
パンダ絵師あごぱん

パンダのキャラクターのみを描くパンダ絵師。
描きたいものは、実はどこか愚かで憎めない、欲深い人間だったりする。
しかし人間で描いてしまうとなんだかすごく生々しい。
そこで、何をやらせても怒られなさそうな「免罪符のような動物」はなんだろうと考え、白黒で究極の「かわいい」を武器にした「パンダ」をモチーフにしようと思いつく。

主なアートワーク 六本木アマンド70周年記念 内外装ディレクション(2016)
角川文庫 筒井康隆「農協月へ行く」装丁イラスト