KONOYO.net

池袋アートギャザリング公募展
IAG AWARDS 2022 EXHIBITION
22/05/20[金]-22/05/25[水] @ 東京芸術劇場 5F Galllery1&2

「IAG AWARDS」は池袋の街とアーティストをつなぐ「池袋アートギャザリング(IAG)」が企画運営する公募展です。
今年から新たに、アートの新たな地平を目指し、展示する漫画=「漫喜利」部門と「音源指定映像部門」を新設!
全国からの応募者約450名の中から、現役アーティストを中心とするIAG審査員たちが
ジャンルや年齢を問わず50名前後の精鋭アーティストたちを選抜、東京芸術劇場に集結いたします!

孔維彧 /  []

● 主な技法:映像・インスタレーション

「都市の窓」は、生活中のエスカレーターの素材をマルチスクリーンで制作した映像作品である。「マルチ映像を用いて画面全体のリズムを動かす」という空間感を伸ばしている。
この作品では、2つの協力的なディスプレイを設置し、エスカレーターの同じ素材を時間ずれさせて、画面を左から右に並べたり、再構成する過程を統合している。2つのディスプレイ画面の相互影響により静止した状態でリズムが変化する空間を作り出し、作品をデジタル映像に発展させる。それは映像空間という意味で新たな表現形式を生み出している。
画面に映像がない場合には空間は静止した平面状態となる。映像が介入すると、線のリズムに合わせて空間活用の視覚効果が生じる。映像の線は2つの画面でいっぱいに広がり、黒い空間との境界に独特の空間リズムが生まれている。作品全体が映像のパフォーマンスのようなもので、2つの画面がパートナーとして一緒にパフォーマンスをする際には、それらは全体としても相手とも区別され、それぞれが独自のリズムを持って完璧に作品を演じている。
この映像作品は、都市の公共空間に介入することによって、伝統的な芸術の伝播方式を打破し、商業や文化などの要素と結合し、多元化した都市の雰囲気を作り出し、芸術をより生活化し、都市全体の総合力を向上させる。
都市の多様性、空間性、集中性の高さに直面して、公共空間の新しい映像も幻想的で、多元的で、よりダイナミックで、それは今日の都市文化のファッションの新しいトレンドになりつつある。都市文化の建設にも新しい映像を活用して公共空間の環境美、生活美、芸術美を創造する必要がある。
芸術文化を核とした街づくりを推進するエリアは、街そのものが様々な分野のアートが集い、表現し、発信する劇場であり、舞台であることを目指しています。

孔維彧

孔維彧 Profile

1995年 中国生まれ

武蔵野美術大学 大学院造形構想研究科 造形構想専攻 修了

◆受賞歴

◆展示歴
武蔵野美術大学 令和三年度 卒業・修了作品展示

◆インフォメーション
孔 維彧
2017年 7月 中国北京市 北京服装学院卒業 (動画専攻)
2020年 4月 武蔵野美術大学大学院入学(造形構想専攻)
2022年 3月 武蔵野美術大学大学院卒業