KONOYO.net

池袋アートギャザリング公募展
IAG AWARDS 2022 EXHIBITION
22/05/20[金]-22/05/25[水] @ 東京芸術劇場 5F Galllery1&2

「IAG AWARDS」は池袋の街とアーティストをつなぐ「池袋アートギャザリング(IAG)」が企画運営する公募展です。
今年から新たに、アートの新たな地平を目指し、展示する漫画=「漫喜利」部門と「音源指定映像部門」を新設!
全国からの応募者約450名の中から、現役アーティストを中心とするIAG審査員たちが
ジャンルや年齢を問わず50名前後の精鋭アーティストたちを選抜、東京芸術劇場に集結いたします!

美術家
中村岳 / Nakamura takeshi []

● 主な技法:木材を使ったインスタレーション

ぼくの作品は彫刻ではない。 空中に自由に絵を描きたいと思い作品を作る。空中をキャンバスに見立てて、縦横無尽に絵を描く。絵描きは常に絵画の支持体を意識しており、枠組みで切り取って空間を認識している。抽象絵画ではグリットを利用して切断作用によって空間を作ることを考える。立体物を実体として見ているよりも、平面として脳内変換している。

中村岳

中村岳 Profile

1966年 北海道生まれ

多摩美術大学大学院修了 絵画科油画専攻 修了

◆受賞歴
2017 Viborg Kunsthal日本・デンマーク外交関係樹立150周年助成

◆展示歴
2021 千葉県立美術館/千葉、鉄と光の芸術祭/北海道、紀ノ国トレイナート/和歌山、中之条ビエンナーレ/群馬、木津川アート/京都
2020 六本木国立新美術館/東京
2019 つくば美術館『周縁から中心へ展』/茨城
2017 Viborg Kunsthal/デンマーク
2016 堺アルテポルト黄金芸術祭/大阪、アートアイランズTOKYO/伊豆大島、Fringe Underground/香港
2015 53美術館/中国

◆インフォメーション
ぼくは絵描きです。ぼくにとって木材は絵具のようなものです。だから木材に色を塗り、空中をキャンバス(画面)に見立てて、縦横無尽に絵を描いています。絵描きにとって、作品の展示スペース(場)の意識を考えるのに大きな手掛りになります。絵を描くことは二次元の画面に、三次元の幻を表すことです。つまり、絵画は現象を描いているのであり、キャンバスや絵具等の物質を意識することではありません。だから彫刻のように実体がないのです。重力から解き放たれることが、理想なのです。絵画を描くということは、身体作業だと思っています。大きな絵を描く時は、空間に向かって身体を動かすことです。