KONOYO.net

大宴会的美術展
KENZAN2020
20/06/10[水]-20/06/17[水] @ konoyo.net

次代を担うアーティストたちが主体となり毎年開催、約1000点の圧倒的な展示が、美術ファンや美術関係者から注目の大美術展「KENZAN」。
本年はオンラインという時空の広がりのある展示会場を得て、より自由に、より意欲的に作品を紹介いたします
ライブ配信 KENZAN TV と合わせて、コロナに負けないアーティストたちの活動を応援してください。

刑部 真由 / Mayu Osakabe []

● 主な技法:油彩

刑部 真由

刑部 真由 Profile

1992年 静岡県生まれ

女子美術大学 美術学科 洋画専攻 卒業

◆受賞歴
2018年
美術新人賞デビュー2018 入選

◆展示歴
2012年
グループ展 透明な時間展(アモーレ銀座/銀座)
2016年
グループ展 1026展(ギャラリーpamina/表参道)
​2018年
デビュー2018(ギャラリー和田/銀座)
kenzan2018(東京芸術劇場/池袋)
kenzan2019(新宿パークタワー/新宿)
2020年
アートのチカラ(新宿伊勢丹/新宿)
2021年
アッパレ!アートパレード(松坂屋/静岡)
アートガーデン展(月ノ出画廊/青山)
Human Work展(月ノ出画廊/青山)
月展(月ノ出画廊/青山)

◆インフォメーション
子供の頃の遠い記憶を思い起こすと、校庭の片隅で友達と秘密基地を作ったり、サルビアの蜜をすっていました
年齢を重ねていく中で何かを考えたり選択が増える事は、きっと自然な事なのだと思います
そんな中で感じる大人の寂しさと幼少時代の記憶はどこか同じようなものを感じます

綺麗なものを綺麗だと思っていたこと
降り積もる花のように、生まれ消えてゆくかもしれない人の感情
何かで苦しんでいても目の前の景色がぱっとひらけていく喜び

一人で泣いているような誰かの心に寄り添える存在の作品になれたらと思っています