KONOYO.net

大宴会的美術展
KENZAN2020
20/06/10[水]-20/06/17[水] @ konoyo.net

次代を担うアーティストたちが主体となり毎年開催、約1000点の圧倒的な展示が、美術ファンや美術関係者から注目の大美術展「KENZAN」。
本年はオンラインという時空の広がりのある展示会場を得て、より自由に、より意欲的に作品を紹介いたします
ライブ配信 KENZAN TV と合わせて、コロナに負けないアーティストたちの活動を応援してください。

李 光宗 / Mitsumune Lee 

● 主な技法:墨、岩絵具、伝統木造建築の構法

李 光宗

李 光宗 Profile

1991年 中国 湖南生まれ

2015年 中央美術学院 空間設計専攻 卒業

2020年 東京藝術大学 美術研究科 デザイン専攻 修了

2021年 東京藝術大学 美術研究科 デザイン専攻 博士後期課程 3年

◆受賞歴
2022 日本デザイン学会・第69回研究発表大会
『物の生命感の対比による空間的な「気」の探求』グッドプレゼンテーション賞

◆展示歴
2018 池袋・東京芸術劇場「見参」
池尻・八犬堂「DOG OR NOT?」
自由が丘・野村證券「自由が丘x東京藝大アート&デザイン・プロジェクト」
2019 新宿・伊勢丹「アートのチカラ」
銀座・新井画廊&名古屋・松坂屋「KOWAII展」
池袋・アトリエムラギャラリー&木川荘「EAST ASIAN WAVENS」
新宿・パークタワー「見参」
2020 上野・東京藝術大学「第68回東京藝術大学卒業・修了作品展」
表参道・裏参道ガーデン「水面礼讃・二人展」

◆インフォメーション
中国古典思想の「気」を具象化することを中心として活動。

日本の寺社建築や書院庭園など歴史的空間に「気」を感じ、体感対象にして研究。
成果としてこれまでにない「気」の記譜を考案。

また、木材を主体にし、伝統木造建築の構法を用いて「気」を感じさせる空間作品を制作。他には、自然光景を観察し、墨絵や日本画を制作。